「麒麟がくる」第24回「将軍の器」あらすじとネタバレ感想!松永久秀(吉田鋼太郎)「これでわしを撃てっ!」

前回も台風の影響で1週間遅れての放送になり、本当に最後まで放送されるのかという事すら気になってきた「麒麟がくる」。

前回は将軍足利義輝(向井理)の将軍としての権力が陰りをみせ、次の将軍はどうなるのか?

という面白い展開で終わりました。

今回はタイトルでもある通り、「将軍の器」とはいったいどういうものなのかが物語の中心になりそうです。

それでは早速、「麒麟がくる」第二十四回「将軍の器」あらすじとネタバレ感想を紹介していきたいと思います。

うろたん
うろたん

「麒麟がくる」の公式ガイドブックもAmazonと楽天で販売中です。

Amazonはこちら。


麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)


NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全ガイドブック PART2 (TOKYO NEWS MOOK TVガイド特別編集)

楽天はこちら。

麒麟がくるの見逃し配信もNHKオンデマンドで配信しているので「U-NEXT」経由なら無料でポイントをもらえるのでおすすめです。下記をクリック。

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

「麒麟がくる」第二十四回「将軍の器」あらすじ

松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の子たちによってクーデターを起こされ、足利義輝は殺害されてしまいます。

©NHK

義輝亡き後、次の将軍候補として義輝の弟・覚慶(滝藤賢一)と義栄の2つの派閥に分かれて対立します。

©NHK

松永久秀と藤孝(眞島秀和)は三好勢から命を狙われている覚慶の身を隠し大和から脱出ができるように手引きをします。

©NHK

光秀(長谷川博己)は義輝が殺害された事を知り、松永久秀の元に向かい義輝の殺害の件を糾弾します。

©NHK

松永久秀はそんな光秀に朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)からの手紙を見せ、覚慶が将軍の器なのかどうかを光秀に見定めるように求める内容でした。

©NHK

光秀はそんな役割を担うのは気が進みません。

そんな、光秀に松永久秀はいつまでも越前で朝倉義景の庇護のもとにいる、そんなままで良いのか?と光秀に問いただします。

光秀はいったいどうするのでしょうか?

「麒麟がくる」第二十四回「将軍の器」ネタバレ感想!

冒頭は先週の義輝「夏は、終わった」の一言から始まります。

そして、ついに足利義輝が二条城にて襲撃されてします。

「永禄の変」ですね。

このテロップの出かたがまるで「エヴァンゲリオン」でした(笑)

そして、何故か襲撃を受けた義輝が見事な太刀裁きを見せてくれます。

向井理さんがとにかくかっこいいシーンですが、ついに障子越しに討たれてしまいます。

義輝は30年という短い生涯だったんですね。

この一報はすぐに光秀の元に入り驚きを隠せません。

ここでオープニングタイトルです。

三好一派は義英を擁立しようとします。

松永久秀はこの知らせを聞いて覚慶を何としても守らなければと動き出します。

覚慶の元に参じた松永久秀を御悔やみという名目で話を始めますが。

将軍になるお気持ちはありますか?

覚慶は既に仏門に入っているので、武家の棟梁などは出来ないと告げます。

松永久秀は、このまま覚慶がここにいては必ず三好一派に討たれると告知をして覚慶を立ち上がらせるのです。

藤孝は松永久秀の命により、覚慶の奪取に動きます。

無事に覚慶を脱出させた松永久秀と藤孝。

光秀は朝倉に。

「松永久秀に会いに行かせて欲しい」と願います。

朝倉義景は光秀の動向を監視しつつ、自由にさせます。

松永久秀の元にたどり着いた光秀は。

「何ゆえ、将軍をお討ちになった?」

と、詰め寄ります。

松永久秀は火縄銃を光秀にわたし。

「これで儂を撃て」と自分の額に銃口をあてますが、光秀は叫びながら銃を外に向けて発射します。

松永久秀は。

幕府あっての我ら

と、光秀に述べますが光秀は納得しません。

松永久秀も答えが出ないのです。

そして、光秀に覚慶の事を話し、朝倉義景からの手紙を光秀に見せます。

覚慶の元に光秀を向かわせ、将軍の器なのかどうかを見定めてこいと。

場面は東庵(堺正章)と駒(門脇麦)が薬を製作するシーンへ。

伊呂波大夫(尾野真千子)と駒が薬の調合をする事でこの仕事はずっと大きな仕事になると告げます。

そこへ近衛前久(本郷奏多)が三好一派の使いで現れます。

伊呂波大夫に三好一派が覚慶では無く、義栄を擁立している事を関白の身分としてどう立ち振る舞えば良いのかを相談にきたのです。

とにかく伊呂波大夫の存在感がすごいです。

関白に対して完全に上目線なのが面白いです。

そうこうしていると、藤孝の元から覚慶が脱走していたとの事、ちょうど光秀が藤孝の元に辿りつきその様子を見ます。

光秀はいつもながら悩みます。

三淵藤英(谷原章介)や藤孝からも光秀は意見を求められ、じっと考えます。

朝倉義景へ覚慶を後押しするために機が熟したら上洛をしてもらいたいと三淵や藤孝からお願いをされてまた悩みます(笑)

朝倉義景の元に戻った光秀は覚慶が将軍の器にあるのは疑わしいと告げるのです。

これには朝倉義景も肩透かしを食らった形で気が抜けてしまいます。

そうこうしていると、京では三好一派の傀儡となった近衛前久が帝に義栄に奏上してしまうのです。

次回は第二十五回「羽運ぶ蟻」です。

「麒麟がくる」第二十四回「将軍の器」SNSでの口コミは?

Twitterでの口コミはどうなのでしょうか?

https://twitter.com/shinmikuriya/status/1307617995917647876

↑やっぱり義輝の太刀さばきは話題になっていますね。

↑NISSANのゴーン社長と同じ脱出法には笑いました。

「麒麟がくる」のサントラも楽天で好評発売中ですよ↓

見逃してしまってもU-NEXTなら登録するだけでポイントがもらえるので無料で最新話を視聴する事ができますよ!

登録するだけで600ptがすぐにもらえます!

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

公式ガイドブックも楽天で発売中です↓

そして、ガイドブックのパート2もいよいよ発売です!楽天ブックスで予約受付中です↓

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただきありがとうございました。うろたんでした。

「麒麟がくる」の関連記事も書いているのでご覧ください。

 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。