【麒麟がくる】第9話「信長の失敗」あらすじと最速ネタバレ感想、菊丸の正体とは?

今週も始まりました「麒麟がくる」!前回から織田信長(染谷将太)が登場して物語も転がり始めましたね、毎回続きが気になりますよね。今までの信長像を崩すかのような信長ですよね。あんなに人間味がある信長は見たことが無い(笑)本日は第九回「信長の失敗」あらすじと最速視聴でネタバレ感想ご紹介。菊丸の正体とはなんなんでしょうか?

麒麟がくるのキャストインタビューも入っている脚本家池端俊作氏による「麒麟がくる」公式ガイドブックも発売中ですよ!

麒麟がくる 前編(1) (NHK大河ドラマガイド) [ 池端 俊策 ]

感想(8件)

「麒麟がくる」を見逃してしまっているなら、まだ間に合いますよ!U-NEXTで600ポイント貰って1話から無料視聴しましょう!

登録するだけで600ptがすぐにもらえます!

「麒麟がくる」第九回「信長の失敗」あらすじ

輿を入れたものの祝言をすっぽかされてしまった帰蝶(川口春奈)は、翌日になり帰ってきた信長(染谷将太)にと初顔合わせをする事になります。おかしな出で立ちの信長だったが見た目とは裏腹に領民を思いやる姿と前日の祝言に不在だった事を素直に詫びる姿に帰蝶は興味を持ちます。

帰蝶(川口春奈)との婚儀に上機嫌になった信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)だったが、信長(染谷将太)が持参した祝いの品に激怒するんです。

父にも母にも愛されない信長を見て、帰蝶は自分に投影をします。信長に鉄砲の手ほどきを受けながら帰蝶は自分も父である斎藤道三(本木雅弘)が時々大嫌いになると信長に言い、寄り添うようになるんですね。

一方、光秀(長谷川博己)は美濃でのちの正妻となる 煕子(木村文乃)と久しぶりの再会を果たしていたんです。

「麒麟がくる」第九回「信長の失敗」ネタバレと感想

今川義元(片岡愛之助)の「織田と戦じゃ!!」という掛け声で始まる第九回です。片岡愛之助さんの今川義元もいい味だしてますよね。「半沢直樹」の時とは全然イメージが違いますね(古いか笑)

家康の父親である松平広忠(浅利陽介)が織田方から暗殺されてしまうんですが、弓矢が刺さるシーンがすごく臨場感がありましたね。そしてついに菊丸(岡村隆史)の正体が今回明かされるんです。 

菊丸(岡村隆史)は三河の松平家の影(忍者)だったんですね~。竹千代(徳川家康)を守るために動いているのです。忍びだったとはしかも徳川家康を守るためとは思いませんでした。

織田信長(染谷将太)は爽やかな好青年です。かなりイメージを変えてきましたよね。冷酷な鬼というイメージが強い信長ですが、とても明るくて民を想う気持ちが強いんですね。化け物退治の話で信長が民と同じことをする事で民が安心してくれるのが大事だというシーンは印象的でしたね。信長の民への考え方がとてもわかる良いシーンでした。

信秀(高橋克典)の前で祝言の祝いの品を帰蝶(川口春奈)が斎藤道三(本木雅弘)から素晴らしい松を持ってくるのですが、信長はというとなんと、松平広忠(浅利陽介)の首を取ってきたんですね。

これには信秀(高橋克典)も激怒してしまい、今川義元(片岡愛之助)や松平家がすぐにでも攻め込んでく事を予見できない信長に愛想をつかすんです。

信長(染谷将太)がまだ、子供で政治にも疎いのがわかるシーンですね。土田御前(檀れい)の織田信勝(木村了)への愛着が信長と全然違うのが面白いですね、そして人質になっている竹千代(岩田流聖)への土田御前の冷淡な目が怖い。それにしても竹千代役の岩田流聖くんは人気ですよね。たしかにめちゃくちゃカワイイ子役さんでです。

竹千代(岩田流聖)

信長(染谷将太)が鉄砲の練習をするシーンでは帰蝶(川口春奈)との淡いイチャイチャを観る事ができますよ。そして光秀(長谷川博己)の話をして信長が光秀に興味を持つんですよね。その後の歴史を知っているだけに意味を含んでますよね。

美濃の妻木に光秀(長谷川博己)が叔父の光安(西村まさ彦)の命で米を持ってくるんですが、そこで煕子 (木村文乃)と再会を果たすんですね、木村文乃の煕子がちょっと天然でかわいいんですよね。子供と戯れるシーンはずるいですね。

光秀を美濃の妻木に向かわせたのも光安(西村まさ彦)が光秀と煕子の関係をうまくいくように仕向ける策略なんですよね、それにしても光安(西村まさ彦)は「麒麟がくる」での緩衝材ですよね、まさにバラエティ用の役どころです、毎回光安が出るシーンが楽しみになってしまいますね。

今回は、「カメラを止めるな」で一躍有名になった濱津隆之がお茶屋として登場しますよ。ちょっと新鮮でしたね。

駒(門脇麦)は光秀(長谷川博己)との別れ以来、ずっと落ち込んでしまっているんです。そこで伊呂波大夫(尾野真千子)がやってきたという声を聞いて第九回は終わりを迎えます。

第10回はついに信長(染谷将太)と光秀(長谷川博己)がちゃんと出会う回になりそうです、次回は竹千代 (岩田流聖) が主人公になりそうですね。来週も面白くなりそうです!

「麒麟がくる オリジナルサウンド・トラックVol.1は絶賛発売中で77分、26トラック収録のCD限界ボリュームです!

NHK大河ドラマ 麒麟がくる オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ ジョン・グラム ]

感想(1件)

最後まで読んでいただきありがとうございました。うろたんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です