「ヴェノム レヴェット・ゼア・ビー・カーネイジ」スパイダーマンは出る?あらすじやキャストを紹介!

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は、2018年公開の「ヴェノム」の1年半後を描いた続編となります。

監督アンディ・サーキスは、俳優でありながら映画監督もこなしています。

俳優では、「ブラックパンサー」(2018年)、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)などに出演し、映画監督デビュー作は「ブレス しあわせの呼吸」(2017年)です。

脚本ケリー・マーセルと主演のトム・ハーディが務めます。

「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」スパイダーマンは出る?あらすじやキャストを紹介!

前作「ヴェノム」(2018年)のあらすじ

©ソニー・ピクチャーズ

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」をより楽しむためには、前作を鑑賞するのが一番です。アマゾンプライムビデオU-NEXTなどVODで配信していますので、時間がある方はあらかじめ鑑賞しておくことをお勧めします。

しかし、時間がなく事前に前作をチェックできない方には私が簡単なあらすじを紹介しましょう。

辣腕記者のエディは、社会の裏側を暴く報道番組のキャスターを務めていました。

スポンサーのライフ財団の良からぬ噂を嗅ぎつけ強引な取材を行ったためテレビ局を解雇されます。そのとばっちりを受け恋人のアンも弁護士事務所を解雇されてしまいます。

アンとエディは、婚約していましたが婚約解消になりました。エディは、無職となって記者職を探すも職にありつけません。

そんなエディのもとにライフ財団の研究者から内部告発を受けます。研究所に潜入し不正の事実を捜索中に地球外生物シンビオートに寄生されエディはヴェノムとなったのでした。

ライフ財団ボス ドレイクは、マレーシアから寄生を繰り返しやってきたシンビオートに寄生されヴェノム化します。

それは、シンビオートのボスライオットでした。

世界征服を企むライオットと阻止しようとするヴェノムの壮絶な戦いは、辛くもヴェノムの勝利となったのでした。

予告編はこちら。

©ソニー・ピクチャーズ

前作「ヴェノム」のブルーレイはAmazonや楽天市場で購入できます。

映画「ヴェノム」についてはこちらの記事で詳しく紹介をしているので併せてご覧ください。

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」あらすじ

シンビオートに寄生されヴェノムとなったエディ。

記者職に復帰するため活動を再開します。

サイコキラーのキャサディをインタビュー取材します。

クレタスはひょんなことからシンビオートに寄生されヴェノム化してしまいます。

ヴェノム化したクレスタは「カーネイジ(大虐殺)」という殺人モンスターに変貌してしまいました。


ヴェノムとカーネイジは、地球にくる以前から因縁がある宿敵です。

とうとう地球で対決することになったのです。

Carnage in VENOM: LET THERE BE CARNAGE.

さらに、フランシスに寄生したシンビオートがヴェノム化したシュリークは、カーネイジの味方。

2対1の対決でヴェノムは、勝つことが出来るのか?それとも味方になるものが現れるのか?

予告編はこちら。

©ソニー・ピクチャーズ

7ネットショッピングでは今回のムビチケがフィギュア付きで販売中です。

プレミア間違いないしの1品なので予約しましょう!

7ネットショッピング「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」ムビチケ

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」キャスト

※画像引用  https://www.sonypictures.jp/corp/press/2021-09-16

エディ・ブロック / ヴェノム – トム・ハーディ

元辣腕記者。元報道番組のキャスター。エディとヴェノムの関係を端的に言えば漫画「ド根性カエル」のヒロシとぴょん吉のようなもの。二人で一人?のヴェノムとなって戦います。

クレタス・キャサディ /  カーネイジ – ウディ・ハレルソン

宿主となったキャサディは、殺人が趣味の連続殺人犯。楽しみのために殺人を繰り返すサイコキラー。カーネイジは、「スパイダーマン」シリーズ随一の最恐ヴィランです。残忍で良心のかけらさえもない完全な悪としてカーネイジ は描かれています。

フランシス・バリソン /  シュリーク – ナオミ・ハリス

サイコキラークレタスの恋人。二人で快楽殺人を楽しんでいました。シンビオートがフランシスに寄生し誕生したのがシュリークです。

パトリック・マリガン刑事 /  トキシン –  スティーヴン・グレアム

警察官の家系に生まれ育ち、自身も正義感が付い。勤務中にシンビオートに寄生されヴェノム化し、トキシンとなります。

アン・ウェイング – ミシェル・ウィリアムズ

エディの元恋人。前作でエディのとばっちりを受け弁護士事務所をクビになったため婚約解消している。本作でもヴェノムの助っ人になるのでしょうか。

チェン – ペギー・ルー

コンビニの店主。

※画像引用  https://www.sonypictures.jp/corp/press/2021-09-16

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」スパイダーマンは出る?

Venom in VENOM: LET THERE BE CARNAGE.

コミックでは、ヴェノムとスパイダーマンは密接な関係があります。

しかし、前作「ヴェノム」でもスパイダーマンは、エンドロールの最後のアニメにしか出ていません。

本作も映画本編にスパイダーマンが出てくることはないと思われます。

また、エンドロールの最後にスパイダーマンが出てくるアニメが付けられるのでしょうか?

エンドロールが終わるまできちんと見ないと大事なところを見逃してしまうかもしれませんね。

こちらの話題作も注目です!

映画「鹿の王」や「マトリックスレザレクションズ」についてはこちらの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

urotan
3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。