【麒麟がくる】第16回「大きな国」あらすじとネタバレ感想!!光秀と帰蝶が決裂!?光秀(長谷川博己)はどちらにつくのか?!

前回は高政(伊藤英明)と道三(本木雅弘)の暗殺合戦でしたね~。いよいよ親子が激突しそうですね!

第十六回「大きな国」あらすじとネタバレや感想を紹介します!

光秀(長谷川博己)と帰蝶(川口春奈)の信頼関係が決裂するのでしょうか?

うろたん
うろたん

「麒麟がくる」の公式ガイドブックも絶賛発売中!

麒麟がくるの見逃し配信もNHKオンデマンドで配信しているので「U-NEXT」経由なら無料でポイントをもらえるのでおすすめです。下記をクリック。

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

 

 

「麒麟がくる」第十六回「大きな国」あらすじ

第16回ではついに、道三(本木雅弘)は高政(伊藤英明)を討つために出陣しました。

自国を二分する戦となり、明智光安(西村まさ彦)はどちらにつくべきなのかを悩みます。

 

 

 

 

光秀(長谷川博己)はこの戦をなんとか避けようと織田信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)のもとへ向かうのでした。

光秀は信長と帰蝶に道三の側について欲しいが戦には手出し無用に願いたいと伝え、且つ織田との同盟を破棄しようとする高政は自分がなんとか食い止めると訴えるのです。

しかし、帰蝶は弟の孫四郎(長谷川 純)に手を貸すことなく死へ追いやったとして光秀を責め、二人の間には修復不可能とも思われる亀裂が出来てしますのです…

 

 

 

 

「麒麟がくる」第十六回「大きな国」ネタバレ感想

今回光安が「どうする~?」と光秀に悩みを打ち明けるところから始まります。

光秀は尾張に行くことを決意するんですね~。う~ん、光秀が動くときがやってきました。

尾張にきた、光秀は帰蝶が緊迫感満載です…

「憎きは高政!」

と、ののしります。

光秀も今回は後に引きません、「外から美濃の事に手を出すな」と。

帰蝶と光秀の中での美濃への想いがぶつかりますね。

孫四郎の死が帰蝶と光秀の信頼関係に大きな溝を作ってしまいます。

光秀もなんとも答える事ができず、隣の部屋で「古今集」の書を読んでいた信長は光秀の言う事もわかると…

今回の信長は「冷徹」とは程遠く、人情味のある信長ですね~。

帰蝶がどんどん怖くなっていく~!

その頃、駿河では何かとプライベートが話題の菊丸(岡村隆史)が東庵(堺正章)と駒(門脇麦)の元に元信(のちの徳川家康)がもうけっこう大人になって中学生くらいでしょうか?

美濃の噂が駿河にまで来ていますね。

東庵と駒には初耳だったらしく驚きます、

まさかの家康と東庵が将棋の相手になったり、駒は美濃に行きたいとパニック状態に。

菊丸はその願いを聞き入れちゃうんですね…(笑)

美濃に話は戻り、宴をしている高政と光安の元に光秀が戻ってまいります。

光安の板挟み感も満載で明智家はほんと立場的につらい…

 

 

 

 

高政が光秀と尾張に行ったことに対して詰問します。

高政も戦はしたくは無いと、光秀に伝えます。

土岐頼芸を父と慕う高政に、光秀は道三への気持ちをたしなめます。

「賢いやり方だ」と、皮肉たっぷりに。

高政は領地変えを考えており、光安を引退させて光秀に後を継げと言い放ちます。

またもや、光秀も板挟み…どちらからも味方になれと迫られ苦しい状況ですね…

サラリーマンをやった人にはこの気持ちは痛いほどわかるのでは?

妻の煕子(木村文乃)が本日も天使です。優しい妻ですね~。

そして、ついに道三と高政がぶつかる事になるのです。

光安はもう憔悴しきってしまっていて、見ていてつらいです。

光安は高政を良く思っておらず、

「道三さまのためなら心置きなく人踊りできる!」

と、道三の元に行こうと思う光安に、光秀は2日待ってくれと頼みます。

今回は光秀が奔走しますね~!やっと主人公らしくなってきました(笑)

今度は伊呂波大夫(尾野真千子)がいる道三(本木雅弘)の元に行く光秀。

伊呂波大夫が帰蝶からの言伝を道三に伝えに来ていたんですね。

帰蝶が「逃げ道を作っていると」

道三は頑なにこの提案を断るんです。仏にまで聞いて考えたが無駄だったと。

「高政は人を欺き、自らを飾ろうとしたのだ」

「人の上に立つものは正直でなくてはならない、欺くものは決して国を良くはしない」

この言葉は重かったですね~。

道三の気持ちがひしひしと感じられます。光秀には「正直者だ」としてそのままで行けと。

道三も疑心暗鬼になっており、誰も自分のために命をかけてくれる者がいないと考えるようになってしまっており、自分が老いたと嘆きます。

家督を譲る相手を間違えたと認めます。

 

 

 

 

まちがいは正さないとと、ついに戦を仕掛けるのです!

道三は信長に自分の姿を反映させ、信長となら光秀はやっていけるかもしれないと伝えます。

ここは重要なところですね、光秀にとってもとてつもなく衝撃的なシーンです。

光安は道三の元へはせ参じるんですね、光秀はもうびっくりです!

光秀はどちらの陣にも行かないと言い放ちます。

光秀は煕子からたしなめられて、どちらに発つのかは光秀次第なのだと理解して鉄砲を持って最後まで悩みます…

遂に、光秀は道三の元へ発つと決め、高政を敵とみなすのです。

いや~、面白い、今回は光秀が悩みに悩んで決断をする大切な回でしたね。

第16回も面白かったですね!次回は第17回「長良川の対決」、まさに高政と道三の戦がメインになりそうです!

口コミはどうでしょうか?

Twitterを見てみると。

↑ついに麒麟がくるの世界にもリモートワークが!?

↑このままだと6月に放送が中断してしまうんですよね…困った

↑絵がうまい人がいっぱいいますね~!

↑漫画はわかりやすい!

うろたん
うろたん

「麒麟がくる オリジナルサウンド・トラックVol.1は絶賛発売中で77分、26トラック収録のCD限界ボリュームで楽天で発売中です! 見逃し配信は「U-NEXT」で視聴できるのでおすすめですよ!

見逃してしまってもU-NEXTなら登録するだけでポイントがもらえるので無料で最新話を視聴する事ができますよ!

登録するだけで600ptがすぐにもらえます!

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

公式ガイドブックも楽天で発売中です↓

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただきありがとうございました。うろたんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。