映画「ショーシャンクの空に」は実話?最後の字幕「アレン・グリーンを偲んで」の意味は何?

1994年に公開された「ショーシャンクの空に」をご紹介いたします。

こちらはアメリカ合衆国の大ヒットアメリカ映画です!今回は「ショーシャンクの空に」が実話なのか?最後の字幕「アレン・グリーンを偲んで」の意味はいったい何なのか?あらすじとロッテントマトやIMDbでの海外の評判、ネタバレも一緒に紹介いたします!

うろたん
うろたん

「ショーシャンクの空に」は各種配信サービスで公開されていますが、おすすめは「U-NEXT」と「dTV」です!

「U-NEXT」はこちらから31日間無料会員登録をする事で「ショーシャンクの空に」を「見放題」で無料視聴する事ができますよ、しかもポイントが600ポイントもらえるので新作も1本無料で視聴できるというお得さです!↓

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

「dTV」は無料期間が30日あるのでこちらも「見放題」で「ショーシャンクの空に」を視聴できます。その上、月額費用が安いのでもし、無料会員期間が過ぎてしまっても安心です↓



「ショーシャンクの空に」は実話?最後の字幕「アレン・グリーンを偲んで」の意味は何?

この作品は実話という噂がありますが、スティーブン・キング原作によるフィクションです。

しかし、最後の字幕「アレン・グリーンを偲んで」を見て、

うろたん
うろたん

え?実在した人物のストーリーなの?実話?

と思ったりしませんでしたか?

フィクションですがモデルとなった人物はいたそうです。

その方は56年間という長い逃亡生活を経て79歳の時に逮捕され刑務所に服役しているそうです。

主人公とは境遇が違いますが、56年という長い年月が一つのテーマとしてこの作品を作り上げたのでしょうね。

 

 

 

 

アンドリューはフィッシュ(刑務所内の俗語で新入りという意味、新入りをからかうために使う言葉)としてショーシャンク刑務所に収監されます。

フィッシュの誰もが刑務所の中というにわかに受け入れがたい現実に絶望する中、アンドリューからこの負の感情を感じることはありません。

レッドはショーシャンク刑務所に長年服役しており、仮釈放の審査を幾度となく却下され希望を捨てていました。

そんなレッドは刑務所の中で調達屋として大きな役割を果たしていました。

初めてアンドリューがレッドと接触したとき彼は石を削るための小さなハンマーの調達をレッドに依頼します。

他の囚人がタバコなどの嗜好品を求めてくる一方で、彫刻のためのハンマーを依頼してきたアンドリューにレッドは興味を示し始めます。

アンドリューは元銀行員という能力を活かし、普通の囚人とは異なる様々な仕事を経験し、看守からも一目置かれる存在になります。

希望こそがアンドリューを突き動かす原動力。しかし、長年服役しているレッドはそれを良くは思いません。希望は何も生まず己に絶望すらもたらすというのです。

刑務所の中が彼らにとっての世界のすべてであり、外に出れば彼らは何物でもなくなることを恐れています。

しかしアンドリューは仲間にも秘密で黙々と脱獄計画を進めます。それは非常に緻密かつ大胆なものであり、この映画の見どころの一つと言えます。

 

 

 

 

アンドリューの脱獄計画はいかにして実行されるのか、レッドを中心とした多くの囚人とアンドリューとの比較を軸にいかなる状況でも希望を持つことの大切さを感じることのできる作品です。

そして映画のラスト、“アレン・グリーンを偲んで”という表示があります。

この方はこの作品の監督であるフランク・ダラボンの友人で、映画製作中に亡くなってしまったそうです。

作品にその思いが込められているかは定かではありませんが、監督の素晴らしい人間性が伺えます。

「ショーシャンクの空に」は楽天市場でブルーレイも発売中です!名作なのでコレクションしても良いですね↓

映画「ショーシャンクの空に」あらすじ

主人公は優秀な銀行マンであるアンドリュー・デュフレーン(ティム・ロビンス)。

アンドリューは妻とその愛人を射殺したという無実の罪に問われ、終身刑の判決のもとショーシャンク刑務所に収監されます。

そこで彼はショーシャンク刑務所の調達屋であるレッド (モーガン・フリーマン)ことエリス・ボイド・レディングに出会います。

 

 

 

 

初めはアンドリューに興味を示さないレッド。

しかし、他の囚人とはどこか違う彼の性格に惹かれ初め調達屋としてではなく仲間としてアンドリューを受け入れるようになります。

希望を捨てかけたレッド、希望を持ち続けるアンドリュー、二人の友情が繊細に描かれた感動映画。

 

 

 

 

映画「ショーシャンクの空に」の海外の評判

「ショーシャンクの空に」は海外ではどんな評判なんでしょうか?

まずはロッテントマトから見てみましょう。

ロッテントマトとはアメリカの映画批評サイトで映画の面白さを図る上でとても役に立つサイトです、批評家や一般のレビューもあり多くの映画人が参考にしております。

トマトメーター(批評家の採点)は90%と高得点ですね、オーディエンススコア(一般ユーザー)も98%と高得点です。

批評家と一般ユーザーからのスコアがどちらも90点を超えていることから、ただの映画ではなく歴史に残る名作の一つであることがわかります。

 

 

 

 

©RottenTomatoes

IMDbの方はどうでしょうか?

IMDbとは、Amazonから提供されているインターネット上での映画のデータベースになり、洋画作品などはこの数値を見て星が多いほど評価が高い映画だといえます。

こちらも星が9.3とかなり高い数字ですね。

©IMDb

海外の批評家や視聴者のコメントはどうなんでしょうか?評価コメントを見てみると、

「何度見返しても面白く、この映画から“希望”や“生きる喜び”を感じることが出来る大傑作である。」

「登場人物全員が優しい。誰もが優しくて誰かのために考えられることが大切だと気づかされた。」

など評価の高いコメントばかりでした。

悪いレビューを見てみると、

「観客がいかにしてこの作品を理解しつくすかにより評価が大きく分かれる作品である。」

といった感想で作品自体の捉え方によっては評価が変わっているというんですね。

 

 

 

 

映画「ショーシャンクの空に」の概要と監督について

「ショーシャンクの空に」はフランク・ダラボンが監督を務めた大ヒットアメリカ映画です。

フランク・ダラボン監督は1983年に「312号室の女」で映画監督デビューし、公開直後から世界中で高い評価を得ました。

そのフランク・ダラボン監督の第2作目である作品が「ショーシャンクの空に」でした。

この作品を監督したことから彼はその名を世界に轟かせました。

主人公はティム・ロビンスが演じており、その他にモーガン・フリーマンやボブ・カントンなどが出演している。

予告編はこちら↓

(C) 1994 Castle Rock Entertainment. (C) Dividen Productions/PeepShow Pictures. (C) 2004 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

作品概要はこちら↓

タイトルショーシャンクの空に
原題The Shawshank Redemption
製作国アメリカ合衆国
製作年1994年
上映時間143分

「U-NEXT」はこちらから31日間無料会員登録をする事で「ショーシャンクの空に」を「見放題」で無料視聴する事ができますよ、しかもポイントが600ポイントもらえるので新作も1本無料で視聴できるというお得さです!↓

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

「dTV」は無料期間が30日あるのでこちらも「見放題」で「ショーシャンクの空に」を視聴できます。その上、月額費用が安いのでもし、無料会員期間が過ぎてしまっても安心です↓



うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です