【麒麟がくる】第13回「帰蝶のはかりごと」あらすじとネタバレ感想!斎藤道三と帰蝶の策略合戦!?

前回はみんな怒りまくっていましたね!今回はどうなのでしょうか?

「麒麟がくる」第13回「帰蝶のはかりごと」のあらすじとネタバレ感想を紹介します!斎藤道三の怒り心頭はどんな結果になるのでしょうか?そして帰蝶のはかりごととは?

「麒麟がくる」の公式ガイドブックも絶賛発売中です!キャストインタビューも掲載されていて 脚本家池端俊作氏による詳しい「麒麟がくる」の解説も!

うろたん
うろたん

ファンなら必読だよ! !

麒麟がくる 前編(1) (NHK大河ドラマガイド) [ 池端 俊策 ]

感想(8件)

「麒麟がくる」はNHKオンデマンドで見逃し配信もしているのでU-NEXTに31日間無料会員登録すれば最新話の見逃しを視聴する事ができますよ!

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

「麒麟がくる」第十三回「帰蝶のはかりごと」あらすじ

暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)に怒り心頭の斎藤道三(本木雅弘)は頼芸を攻めると言い放ちます!

道三の息子の高政(伊藤英明)はもし、戦になったら実の父よりも慕っている頼芸につくと宣言し、光秀(長谷川博己)にも自分につくことを迫るんです。

光秀は道三のもとに訪れてこの戦は身内同士が殺しあい、国が滅びてしまうと訴えます。

しかし、道三の方はというとこの怒りは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状するんですね。

そうとは知らない高政は頼芸を担ぎ鷲山城に兵を集めるんですが、高政の目の前で頼芸は恐れをなして逃げ出してしまいます…

第十三回「帰蝶のはかりごと」ネタバレと感想

今週も冒頭は光秀(長谷川博己)が悩んでおります、先週と同じですね(笑)

光秀と道三(本木雅弘)が対面して光秀が戦をやめるように願うシーンでの道三の扇子を動かす仕草がめちゃくちゃかっこいいですよ。

その後に、道三が「そんなにわしの事が嫌いか?」と光秀に聞くのはちょっと笑ってしまいます。

光秀は号泣するんですが、道三の計略だった事を知って気が抜けてしまいます。

すかさず、道三は光秀に鉄砲の指南役になってみてはどうかと提案します。

この辺り、道三が策士だった事をうまく表現していますよね?

その後、道三が頼芸(尾美としのり)に計略を図るんですが、これがけっこう地味な嫌がらせなんですよね、鷹狩り好きの頼芸の大事な鷹をみんな殺してしまうんです。

頼芸は完全にビビってしまって高政(伊藤英明)の話も気もそぞろになってしまいます…

そして頼芸は近江に逃げてしまうんですよね。怒り心頭の高政は実の父の道三へこの怒りをぶつけにいきます。

この親子のやり取りはさすが道三といったところでしょうか?1枚も2枚も高政の上手なんですね、南果歩さんの深芳野の熱演は心打たれますよ~。

そこで東庵(堺正章)と駒(門脇麦)のシーンになります。

二人はなんとここで藤吉郎(佐々木蔵之介)と出会います!秀吉初登場シーンですね!

この藤吉郎も面白い設定で、「これからは今川様の世だ、織田信長は頭がおかしい」と言うんですね、今までの秀吉像も崩しにかかってします。

信秀(高橋克典)が死んだことで、信長の領内で信長への攻撃がはじまります。まさに内紛ですね。

信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)は美濃からの文を読んで道三が信長に対面したいという旨を知ります。

信長はこれには何かあると悟るんですね。道三が信長の尾張を攻めるのでは無いかと…

伊呂波大夫であれば鉄砲を調達できると考えて帰蝶は伊呂波大夫の元にいき、鉄砲を調達してくれと頼みます。

光安(西村まさ彦)と光秀は道三の元に行き、道三が信長に会う事を知らされます。10日後に正徳寺という寺で会うのに信長の顔をしる光秀を同行するように命じます。

道三は信長の策略も頭に入っているんですね、1553年4月に正徳寺に向かうんですが、帰蝶は信長にいつも通りのうつけの姿で行けというんですね、帰蝶は「これは私と父の戦」というんですね。

まさに今回は策略合戦の回ですね。まさに静かな「戦」の回です。

そしてついに道三と信長が対面が近づくのですが。道三の前に現れた信長はなんと3百以上もの兵を連れてきたんです!

Twitterでの感想はどうでしょうか?

↑今回は帰蝶大活躍でしたね!

↑たしかに「麒麟がくる」は毎回良いところで終わっちゃうんですよね~

↑確かに川口春奈さんははまり役ですよね、役者交代がいい方向になったかも!

うろたん
うろたん

「麒麟がくる オリジナルサウンド・トラックVol.1は絶賛発売中で77分、26トラック収録のCD限界ボリュームです! 見逃し配信は「U-NEXT」で視聴できるのでおすすめですよ!

NHK大河ドラマ 麒麟がくる オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ ジョン・グラム ]

感想(1件)

麒麟がくるのガイドブックも絶賛発売中です!売れてるんですよこれ!

麒麟がくる 前編(1) (NHK大河ドラマガイド) [ 池端 俊策 ]

感想(8件)

見逃してしまってもU-NEXTなら登録するだけでポイントがもらえるので無料で最新話を視聴する事ができますよ!

登録するだけで600ptがすぐにもらえます!

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただきありがとうございました。うろたんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です