映画「アンタッチャブル」結末は?あらすじやラストネタバレは?内容解説!

アンタッチャブル」は禁酒法時代のアメリカ、シカゴを舞台に、実在の人物エリオット・ネス率いる「アンタッチャブル」と呼ばれた捜査官達と、ギャングのボス、アル・カポネとの戦いを描いた87年公開の映画です。

監督は「スカーフェイス」や「ミッション:インポッシブル」のブライアン・デ・パルマ。

エリオット・ネス役には「フィールド・オブ・ドリームス」、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のケビン・コスナー、アル・カポネ役に「ゴットファーザー Part II」、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのロバート・デ・二ーロ。

ネスに協力する捜査官役では「007」シリーズのジェームス・ボンド役でお馴染み、ショーン・コネリーや、「ブラック・レイン」のアンディ・ガルシアが出演しています。

ショーン・コネリーは本作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

映画「アンタッチャブル」あらすじは?

©パラマウント映画

1930年代、未だ禁酒法が続いているアメリカ。

大都市シカゴではギャングのボス、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)が幅を利かせており、酒の密造、密輸をして稼ぎ、警察や裁判所も買収、自分に逆らうものは容赦なく殺害。

そのシカゴに財務省からエリオット・ネス(ケビン・コスナー)が送られてきます。

早速、シカゴ市警の警官と共に酒を密造している場所に踏み込んでいきますが、警察内部からカポネの犯罪組織に情報が流れており、摘発は失敗に終わりました。

これで少々意気消沈してしまったネスは、家に帰る途中でアイルランド系アメリカ人のベテラン警官ジム・マローン(ショーン・コネリー)と出会います。

後日、ネスはこのマローンに協力を求めます。

マローンから、カポネと戦うには無慈悲にならないとダメだと言われ、やられたらそれ以上にやり返す、これがシカゴ流でもあり、カポネと戦うには必要なことだと教えられました。

カポネに買収されているシカゴ警察はあてにならないというマローン。 

捜査員は、これから警官になろうとしている人間をスカウトした方が良いという理由から、ネスとマローンは警察学校を訪れました。

二人はイタリア系アメリカ人で、射撃の腕が良いジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)を仲間に入れます。

©パラマウント映画

もう一人、ワシントン D.C. から派遣された財務省の簿記係のオスカー・ウォレスもこのメンバーに加わりました。

そのウォレスは、カポネが4年間も所得税の申告をしていない事を突き止め、脱税の容疑で起訴することが可能だと話します。

脱税での起訴は腑に落ちないネスですが、カポネを前に何も出来ずにいるよりはましと、ウォレスの案に同意。

手始めに4人は銃を手に、カポネの組織が酒を隠している貯蔵庫がある郵便局へと向かいました。

ここへ踏み込んだら、もう後戻りは出来ないとマローンに言われ覚悟を決めるネス。

彼らの手入れは成功しました。

この一件のあと、シカゴ市会議員が賄賂を持ってネスの元を訪れ、カポネから手を引くように言いますが、拒否するネス。

これで自分の家族がカポネから狙われるようになったことを知ったネスは、妻と娘を安全な場所へ移し、家族と離れ離れになります。

そんな中、マローンとストーンが、近日中にカポネがカナダから酒の密輸をする予定があるという情報を掴みます。

早速4人はカナダへ向かいます。

そこでカナダ警察の協力のもと、見事、密輸を阻止、密輸にかかわっていた者たちは一網打尽となりました。

密輸を阻止されたカポネは、ネスもネスの家族も殺せ!と怒り狂います。

ネス達がカナダ国境で捕まえた人々の中には、カポネの簿記係の1人ジョージ・コスタもいました。

彼は分厚い元帳を所持しており、ネス達はジョージからカポネの脱税の証拠を引き出そうとします。

しかし、ジョージを連れシカゴ警察に戻ったあと、ウォレスがジョージを証人として保護拘置の場所に移動するために乗ったエレベーターで、カポネの殺し屋ニッティに二人とも殺されてしまいます。

それでも、カポネにはまだもう1人簿記係がいました。

マローンは、カポネの組織がその簿記係を街から遠ざける計画をしていること突き止め、ネスに自分のアパートに来るように言いますが、ネスが来る前にマローンはニッティに撃たれてしまいます。

マローンは、アパートに到着したネスとストーンに、簿記係の乗る列車の情報を伝えて息を引き取りました。

ユニオン駅に向かうネスとストーン。

そこで銃撃戦の末に、なんとか簿記係のウォルター・ペインを捕まえることに成功します。

そして裁判が始まりました。

©パラマウント映画

カポネの脱税が明るみに出たのにも関わらず、当の彼は笑顔を浮かべ余裕の表情です。

法廷にはニッティの姿もありました。

ニッティが裁判所で銃を所持しているのを見たネスは、廷吏と一緒に彼を法定の外に連れ出し所持品を調べました。

そこで、ネスはニッティの持っていたマッチにマローンのアパートの住所が書きつけてあるのを目にします。

これで、マーロンを殺害したのはニッティと知ります。

逃げるニッティ、それを追うネス。

©パラマウント映画

映画「アンタッチャブル」結末は?ラストネタバレ紹介!

©パラマウント映画

撃ち合いの末、二人は屋上に辿り付き、いったんネスはニッティを捉えたものの彼を離しました。

しかし、マーロンの死を馬鹿にした言葉がニッティの口から出たとたん怒りがこみ上げ、屋上からニッティを突き落としました。

法廷に戻ったネスは、ストーンから、陪審員全員が賄賂を受け取っていることを証明する陪審員の名前の書かれたリストが、ニッティのコートのポケットから見つかったことを聞かされます。

裁判長にそのことを伝え、陪審員の入れ替えを申し立てますが、受け入れてもらえません。

そこで、実際はカポネの組織の元帳に、賄賂の支払い先として裁判長の名前は無いものの、ネスは彼の名前もあるだろうことを持ち出すと、裁判長は陪審員の総入れ替えに同意しました。

それを聞いたカポネは憤慨し、カポネに責められた弁護士は無罪の主張を取り消しに。

この結果カポネは有罪になり、激怒し暴れるカポネは周りから取り押さえられます。

シカゴでの仕事を終え、去るネス。

ネスはマローンの形見をストーンに手渡し別れの挨拶を交わします。

外に出てくると、記者から近く禁酒法が廃止になるようだが、どうしますか?と質問されたネスは、「一杯やるかな」と答えるのでした。

アンタッチャブルのブルーレイはAmazonや楽天市場で購入が出来ます。

まとめ

「アンタッチャブル」は見どころが数多くある作品です。

カナダからの密輸を阻止するアクションシーンやマローンが銃弾に倒れる悲しいシーンなどです。

中でも終盤、ネスとストーンがユニオン駅の階段でみせる銃撃シーンは本作品のハイライトとも言えるでしょう。

カポネ役のロバート・デ・ニーロは、演じる役に対しての取り組みが半端では無いことで有名ですが、「アンタッチャブル」でもアル・カポネを演じるにあたり、彼について調べ上げ、かなり周到に準備をして臨んだと言われています。

そのデ・ニーロ演じる迫力のカポネにも目が離せません。

本作品は、実在の人物、当時の時代背景を基にしてはいますが、ほとんどの部分がフィクションだとされているので、実話とは切り離し、犯罪アクション映画として観て楽しめる映画でしょう。

映画「アンタッチャブル」を動画配信で視聴するならU-NEXTAmazonプライムビデオがおすすめです。

どちらも1か月間の無料期間があるので映画「アンタッチャブル」を無料で視聴する事も可能です。

アンディ・ガルシアの出演している映画「ブラックレイン」や1980年代の映画はこちらの記事で紹介をしているので併せてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

urotan
3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。