【半沢直樹】第4話「半沢の逆襲!ついに暴かれる真実」大和田取締役「施されたら施し返す!恩返しだよ!」あらすじとネタバレ感想!

今回は前半の山場となる第4話!

半沢と大和田の共闘なるか!?前回の3話の視聴率はこれまで最高の23.2%と3週連続で大台を超えています。

それだけ世間での注目度も高いんですね。

毎週、スリリングな展開が目を離せない今作、第4話の予告編では早くもパワーワードとして大和田取締役(香川照之)の「死んでも嫌だねェ!」というセリフが話題になっています。

さっそく、第4話「半沢の逆襲!ついに暴かれる真実」あらすじとネタバレ感想を紹介していきたいと思います。

前シーズンはコレクションとしてDVD-BOXをAmazonや楽天で揃えてみるのもおすすめ!

Amazonはこちら


半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

楽天はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半沢直樹 -ディレクターズカット版ー Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]
価格:22176円(税込、送料無料) (2020/7/19時点)

楽天で購入

「半沢直樹」第4話「半沢の逆襲!ついに暴かれる真実」あらすじ

半沢は電脳の収益に部分がある事に気づき、財務担当の玉置(今井朋彦)に接触を図るが、現れたのは電脳の副社長の平山(南野陽子)だった。

玉置を探しに静岡の実家に訪れる。

そんな中、渡(及川光博)から半沢の出向の正式決定が間もなくなされるという知らせを聞く、森山(賀来賢人)は動揺するが、半沢は「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と意気込みます。

半沢は悩んだ挙句についにある人物に会いに行くことを決める。

銀行、電脳か半沢か?いったい誰が最後にカツのでしょうか?

©TBS

↑何度見ても大和田取締役はおもしろい!

「半沢直樹」第4話「半沢の逆襲!ついに暴かれる真実」ネタバレ感想

冒頭は平山(南野陽子)の関西弁が印象に残りますね。

その後の半沢と渡は電脳と東京中央銀行の癒着に目を向けて推理をするのですがとても絵になる2人のカットが印象的です。

東京セントラルの営業部員は玉置の特許に出資してくれる先を探すのですが、いざ、融資という段階でまたも伊佐山泰二(市川猿之助)に阻まれてしまいます。

いっけん、大和田と伊佐山が手を組んで裏で動かしていると思いきや…伊佐山は実は大和田をも裏切っていたんです。

すべての手柄を自分だけのものにしようとする伊佐山、すべては恩師である大和田が半沢に「土下座」した事に失望したのが原因だったようです。

三笠副頭取(古田新太)を大和田と伊佐山の2人で欺いて大和田はすべて自分の思惑通りだと思っていただけに、一番の愛弟子に裏切られ怒り心頭!

半沢が「仕事は人のためにする」っていう言葉はとても染みますね!仕事の一番大事な事を言ってくれて勉強になりますね。

そして、ついに半沢は大和田と面会する事に…

電脳への追加融資500億融資を止めてくれないかと。

もちろん断る大和田取締役「死んでも嫌だねっ!」

半沢はキレちゃいます!

半沢は大和田の心を動かすことができたのか?大和田はそのまま車で帰っていきます。

そして、東京中央銀行での役員会議が開催され融資は決定とされると思いきや…

ついに大和田が手を挙げるんです。

大和田はなんと半沢を招集したのでした!

半沢はついに口を開きます、「この稟議書には問題がある」と。

ゼネラル電設の資産価値は300億と稟議書に書いてあるのが実際の価値は100億だというのです、そして電脳は何故セントラル証券に買収の話を最初に持ってきたのか?

「粉飾です。」

電脳はゼネラル産業に架空の売り上げを計上していたというのです。

話は3時間前に戻り、電脳の裏帳簿を玉置から受け取るんです。

電脳は実質50億円もの赤字があったというのです。

伊佐山に詰め寄る半沢!

「利益を損ねていたのはアナタですっ!」

「アナタの書いた稟議書はごみクズだーー!」と。

三笠副頭取(古田新太)は伊佐山に向かって「半沢君に詫びろ!」と叱責します!

そして伊佐山はついに半沢に謝るんです。

これだけでは終わりません。

この不正をいったい誰が知っていたのか?

電脳の平山夫妻は観念してすべてを話すんです。

すべては三笠副頭取が仕組んだものだと。

東京中央銀行は既に融資をした1500億円を回収しなくてはならなくなり、三笠副頭取がその大役をしなくてはならなくなるんです。

半沢はついに人事で東京中央銀行の営業部に戻る事が決定するんです!

半沢は中野渡頭取(北大路欣也)から正式に東京中央銀行へ戻る事を認められます。

いきなりの仕事が700億もの負債を抱える、帝国航空の再建なんです。

紀本常務(段田安則)と共に仕事をする事になるのですが、帝国航空はかなりの問題を抱えているんです。

700億もの負債を回収しようとする半沢に新たな敵が現れます!

それは白井国土交通大臣!

第5話「国家権力と戦え! 巨大航空会社を救え!」の予告編はこちら。

©TBS

今回の原作である「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」は書店のほかAmazonやRakutenブックスでも販売中です。
電子書籍で購入すると、本するよりも安く手に入れることができますよ。今回のシーズンの2巻が合本で販売されているのでチャンスですね!

Amazonはこちら


半沢直樹 続編原作 ロスジェネの逆襲・銀翼のイカロス 合本

楽天はこちら

「半沢直樹」の前シーズンを観たいけどDVD-BOXを買うのはお金がかかるから「無料」で観たい!のであればTSUTAYADISCASがおすすめ!1か月間無料レンタル可能なので、「半沢直樹」をすべてレンタルしちゃうのも良いですね!

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

前シーズンに関してはこちらで5分で分かるように解説しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。