麒麟がくる 第4話「尾張潜入指令」最速4K感想ネタバレあり

どうも、うろたん  (@urotan51131875) です!

麒麟がくるが今週もはじまりましたね~!

第四回の「尾張潜入指令」です。

あらすじ

今川との闘いで織田軍は消耗してしまった。信秀(高橋克典)は重傷を負ってしまい、斎藤道三(本木雅弘)は妻の治療を終えた東庵(堺正章)に信秀の容態を探るように命じる。その目付け役に光秀(長谷川博己)と菊丸(岡村隆)を付け秀信のいる尾張の古渡城へ潜入し秀信の病状を探る事に成功するのだが…

麒麟がくる 前編(1) (NHK大河ドラマガイド) [ 池端 俊策 ]

価格:1,210円
(2020/2/12 20:57時点)
感想(6件)

第四回 「尾張潜入指令」感想

いや~最初から道三(本木雅弘)今週もいい味をだしてますね~!東庵(堺正章)を尾張に向かわせるところはいい味だしてましたね。今のところ「麒麟がくる」で一番道三(本木雅弘)がキャラが濃くて見ていて面白いのである種前半の主人公的を食ってます。

尾張に潜入した東庵(堺正章)の前で蹴鞠をする信秀(高橋克典)がなんだか、かわいらしく見えましたよ。高橋克典さんが演じると信秀がすごい良いやつで爽やかなんですよね。まだ信長(染谷将太)は登場していませんが高橋克典さんの方が信長っぽい気がしちゃいました。

菊丸(岡村隆)と光秀(長谷川博己)が兄弟という設定で終わりに潜入するのですが、一緒に並んでいるシーンがよく出てくるのですが二人の伸長差がすごい。長谷川博己が182㎝で岡村隆が156㎝だから25㎝も差があるんですね。映像で観るとすごき差があってそれだけで笑っちゃいますよ。

なんとか信秀(高橋克典)の家に潜入できた菊丸と光秀ですが信秀と会うのを待っていると竹千代(のちの家康)が登場します。三河に行きたい竹千代を光秀は薬草の籠に入れて匿うのですが、人質として扱われている竹千代はとても不憫に感じちゃいます。

信秀は菊丸と光秀を怪しむんですね、部下に命令して怪しい奴なら切れと伝令をだします。帰路で信秀の部下に尋問されて戦闘がはじまるんです!

なんとそこへ。何者かかが現れ二人を助けてくれるのであった。

戻った光秀は道三に秀信の容態を伝える事に成功して、道三は上機嫌に。

駒(門脇 麦)へ京に帰れという光秀に駒は嫌がるんですね。なんだかちょっと恋愛モードにも見えるやり取りで、ほんわかします(笑)

今回の最後にやっと光秀(長谷川博己)の鉄砲がちゃんと的を撃つことができ、第5話へと続きます。

NHK大河ドラマ 麒麟がくる オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ ジョン・グラム ]

価格:3,300円
(2020/2/12 20:58時点)
感想(0件)

第5話は鉄砲に関してのお話の予定ですね!

今週も45分間あっという間に過ぎちゃいました!

最後まで読んでいただきありがとうございました、 うろたん  (@urotan51131875) でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です