藤井聡太二冠の大学進学が決定?両親や兄の大学に入学予定?

天才ってどんな人のことを言うのでしょう。
多くの方は地頭のよさや生まれついての才能を持っている人のことを思い浮かべるのではないでしょうか。
しかし、多くの天才の軌跡を見てみると、幼い頃に何かしら夢中になれるものに出会い、そしてそれを長期間にわたって極め続けた結果、その分野で天才と言われるようになっています。

将棋を極めて天才となった藤井聡太さんですが、学力も相当なようでなかなかの進学校に通っています。
今年2年生の藤井聡太さん、そろそろ気になるのは進路の話です。
果たして大学に入学するのでしょうか?そして、天才を生み出した藤井一家はどんな家族なのでしょうか。

任天堂スイッチで藤井聡太さんの将棋ゲームがあるの知ってました?Amazonと楽天で購入ができますよ。

Amazonはこちら


棋士・藤井聡太の将棋トレーニング -Switch

楽天はこちら↓

藤井聡太さんと言えば「キュボロ」ですよね。

Amazonや楽天市場で販売していますよ↓

Amazonはこちら↓


キュボロ (cuboro) キュボロ スタンダード [正規輸入品]


キュボロ (cuboro) キュボロ ベーシス [正規輸入品]

楽天市場はこちら↓

藤井聡太二冠の進路は?

藤井聡太さんは中学生の頃、中卒の棋士として生きていこうとした考えていたそうです。
しかし聡太さんのお母様は高校進学を強くすすめ、名古屋大学教育学部附属高等学校に進学することになります。
お母様としては東大への進学をさせたいと考えているようです。
私の憶測なのですが、これは別に学歴を重視しての考えではないでしょう。
学校というのは新しい知識や体験と出会える場所であり、進学すればするほど、学校の偏差値が高ければ高いほどその出会いの幅は大きく広がっていきます。
ご両親ともに聡太さんへ多くの物事と出会って欲しいと思っているからこそ、進学の道を勧めているのではないでしょうか。

今度は高校卒業後の進路となるわけですが、プロとして勝ち続けている藤井聡太さんに東大進学は難しいんじゃないかという声もあります。
何しろ勝てば勝つほど試合が増えるのが将棋の世界ですから、その過密スケジュールの中東大へ進学するのは困難です。
一方、日本のトップ私大の一つ早稲田大学は加藤一二三さんや丸山忠久さんなど数多くのプロ棋士が進学している大学です。
東大と並び称されることのある大学ですから、大学の設備や研究も十分豊富で、お母様も納得の大学なのではないでしょうか。

そもそも果たして藤井聡太さんが大学へ進学するのかも実はまだはっきりしていません。
ただ「高校卒業後は上京して東京で暮らしたい」という発言があるので、附属の名古屋大学に進学する可能性は薄そうですね。

藤井聡太さんの強さの秘訣がわかる書籍もずっと将棋部門で1位で必読書ですね。

Kindleで電子書籍でも読む事ができますよ。

Amazonはこちら


藤井聡太 強さの本質

楽天はこちら

藤井聡太二冠の家族はどんな進路をたどったの?

藤井聡太さんの進路を考えるのに、ご家族がどのような進路を辿っていたのでしょうか。
まずご両親ですが、同じ国立大学での縁でご結婚されたという説があります。
両親ともに国立大学卒とは中々高学歴な家系ですね。

また、藤井聡太さんにはお兄様がいますが一時期お兄様は東大に進学したとの噂が流れました。
しかしどうもお兄様は東大には通っていないようです。

もし兄弟で同じ高校に通っていたとすると、お兄様も名古屋大学教育学部附属高等学校に通っていたことになりますから、名古屋大学へ通っている可能性もありますね。

時間や数字など細かいところにまでこだわるタイプの聡太さんとは反対に、おおらかな性格だというお兄様。
兄弟は性格が似ているよりも、違っていた方が仲がよくなることが多いですが、藤井兄弟の仲も良好なようです。

2017年の初詣でインタビューを受けた聡太さんは「将棋のことで神様にお願いしてもしょうがない。兄の(大学)合格を祈願しました」と粋な発言をしたことで話題になりました。

Amazonはこちらセットで販売していますよ↓


全扇子 藤井聡太 棋士 七段 扇子セット

楽天はこちら↓

天才を生み出す教育とは?

「好きこそ物の上手なれ」とはよく言ったもので、子供の頃の強烈な「好き」をずっと持続し続ける人こそ天才と言えるのかもしれません。
歴代最年少でプロ入りを果たし、連戦連勝の記録の保持者、藤井聡太さんはまさに将棋の天才。
将棋を始めたのはなんと5歳の頃からで、祖父を相手に夢中で将棋を指していたそうです。
小学校に通い始める前にもかかわらず駒落ち定跡という難しい将棋の本を読み始め、1年で理解をしたのだとか。
本人の理解力や聡明さももちろん感じますが、私は彼の天才たる由縁は将棋に夢中になれる集中力にあるのではないかと思います。

「駒落ち定跡」はAmazonと楽天で購入ができます。

Amazonはこちら↓


【決定版】駒落ち定跡

楽天はこちら↓

まだ多くのことを知らず、考えなくてはいけないことも持たぬ幼い頭には、一つのことだけを考え続けられる集中力があるのでしょう。
大人の集中と幼児の集中では集中度合いの桁が違います。
一生懸命に何かをする子供というのは、周りの景色や音を意識から吹き飛ばし、目的に向かって一直線で進むのです。
そんな幼い頭を持つ時に生涯にわたって夢中になれるものに出会えるのか否か、そこが天才と凡人の分かれ道になるのではないでしょうか。

藤井聡太さんが将棋に興味を持ったきっかけは、5歳の時に祖母からルールを教わったことにあるそうです。
そこからずっと将棋を好きでいつづけるには、間違いなく両親からのサポートは必須でしょう。
聡太さんのご両親はともに将棋のことは詳しくはなかったのだそうですが、とにかく聡太さんに好きな事をやらせてあげる事を大切にして教育してきたと言います。

最年少で何かを成し遂げる人が出てくると、決まって話題になるのがご両親の教育方法です。
藤井聡太さんのご両親が話題になった際には「子供の好きな事を好きなだけやらせる」というモンテッソーリ教育が話題になりました。
と同時に藤井聡太さんが幼い頃遊んでいた知育玩具「キュボロ」も人気になりましたね。

積み木を組み合わせてビー玉を転がすコースを作るおもちゃである「キュボロ」は、組み合わせによって意外なところからビー玉が出てきりするので大人でも楽しめる積み木なんだとか。
積み木の組み合わせからビー玉のコースを想像しながら遊びますから、思考力を楽しみながら鍛えられます。

Amazonや楽天市場で販売していますよ↓

Amazonはこちら↓


キュボロ (cuboro) キュボロ スタンダード [正規輸入品]


キュボロ (cuboro) キュボロ ベーシス [正規輸入品]

楽天市場はこちら↓

好きな事をやるにしても、同じことの繰り返しでは飽きてしまうでしょう。
自分で変化をつけたり応用したりと言った工夫をしながら続けるからこそ夢中でいられるのです。
思考力というのは物事に集中し続けるには必須の能力。
好きな事を好きと言える環境を作るモンテッソーリ教育と自ら工夫を加えていく能力を養う「キュボロ」は藤井聡太さん幼少期教育の2本柱と言えるのではないでしょうか。

藤井二冠になって収入も気になる藤井聡太さん。

こちらの記事で気になる収入に関して詳しく紹介しています。

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です