「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 」を読了した感想レビュー!本当に身のつくの?

今回は「読むだけで身につく世界の教養365」というベストセラーを読んだ感想と実際に身につくのかについて、紹介していきたいと思います。

端的に言ってしまうとこの本を読んで身につくかというと、興味のあるものは吸収されるけどそうでないものは身にはつきません。ただ何かのきっかけになることは間違いないと思います!それでは実際に自分が面白いと思ったり、身についたと思う教養を紹介したいと思います!

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 」はAmazonや楽天で販売中です、ベストセラー本なのでチェックしましょう!Kindleでも読むことができますよ。

Amazonはこちらから


1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

楽天はこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 [ デイヴィッド・S・キダー ]
価格:2618円(税込、送料無料) (2020/6/25時点)

楽天で購入

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 」を読了してその中でも特にためになった項目の感想

それでは「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 」を読了してみて特に面白かったコンテンツを紹介していきたいと思います。

アルファベットが生まれることになった理由

今でこそ当たり前に使われているアルファベットですがもちろん生まれるきっかけというものがあります。

それは今からおよそ4000年前、古代エジプトでは戦争で勝つと相手の国の兵士を捕らえ奴隷として労働させていました。

ただ当時エジプトで使われていたヒエログリフはとても難解なもので奴隷となったものたちは言葉を覚えることができず、ファラオの命令が伝わりませんでした。

そこでアルファベットがうまれたといわれています。

ちなみにヒエログリフは少ない時で700文字もあったそうです。

そう考えると26文字のアルファベットはとても簡単に見えますね。

 

 

 

 

侵略も、歴史により治癒され教訓が残るということ

戦争というとやはりとても悲惨なものであり、その悲惨さは忘れ去られないように繰り返し語られます。

つまり一般的には戦争、侵略というものは許されるものではありません。

しかしながら時が数百年たつとこの戦争や侵略というのは歴史的な意義のみが残ります。

例えば今起きている戦争と過去に起きた戦争は同じ許されざるものなのに、アレクサンドロス大王の侵略は文化の融合という意味が生まれる一方で、現在世界ではもちろん戦争反対を叫びます。

とても逆説的で考えさせられる内容ですね。

 

 

 

 

クローン技術

1997年ドリーという羊の赤ちゃんがクローン技術によって誕生したのはだれしも聞いたことがあると思います。

実際クローンとして生まれてきたドリーは母親の羊と全く同じ遺伝子を持ち誕生したそうです。

ここで問題となってくるのは今も昔もこのクローン技術。

ドリーの誕生というのはこれまでのクローン技術を覆すものでした。

つまりある細胞から全く新たな個体を作り出すことができたのです。

そうすると生まれてきたドリーは何のためにこの世に生を受けたのでしょうか?

現在では世界保健機構によりクローン技術の人間への応用を禁止する「クローン技術に関する決議」が採択されています。

 

 

 

 

準惑星 冥王星

宇宙の話を聞かされるとワクワクするのは自分だけでしょうか?

皆さんも理科の授業で水、金、地、火、木、土、天、海、冥と習ったことでしょう。

しかしながら2006年に冥王星はある条件を満たしていないという理由でこの惑星というくくりから準惑星というものに変わってしまいました。

そもそも冥王星というのは大きさが月の約0.6倍、ゆがんだ楕円軌道を描いている氷の星です。

このようなことから科学者は冥王星をカイパーベルトという彗星の一種としてとらえているようです。

科学者エラトステネス

自分の一押しはこの内容です!地球の大きさがはっきりとわかったのはいつでしょうか?

実はそれは紀元前3世紀にさかのぼります。その方法はいたってシンプル、当時エラトステネスがエジプトのシエネという町は6月21日の正午に町の井戸の真上に太陽が来るという情報を耳にします。

そこで自分の住む町アレクサンドリアでその時の影の角度を計測します。

その角度はアレクサンドリアとシエネと地球の中心を結んだときにできる角度。その角度は360度を50で割った値だったそう。

つまり地球の円周はアレクサンドリアとシエネを50回行き来した距離!実際に出された計算結果は3万9700km。

現在の最新技術で出された結果は4万75kmとわずかに誤差1%、数学は偉大ですね!

今回紹介したのはほんのわずかだけですので気になった方はぜひ手に取ってみてください。自分はやはり科学系のものはとても読んでいて面白かったです。

しかし苦手意識のある歴史系も「もう少し読んでみたい!」というきっかけになりました!

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 」はAmazonや楽天で販売中です、ベストセラー本なのでチェックしましょう!Kindleでも読むことができますよ。

Amazonはこちらから


1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

シリーズ3作品の合本版も販売されているのでとことん知りたいと思ったらおすすめです。


1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 【3冊合本版】

楽天はこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 [ デイヴィッド・S・キダー ]
価格:2618円(税込、送料無料) (2020/6/25時点)

楽天で購入

楽天でも合本版が販売されていました。

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。