「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」岡村拓朗著の感想と実際にやってみた結果を紹介!

自分がやりたいと思ったことに対して成果を出すことはできてますか?

僕は「朝早く起きて朝活をする!!」という目標を掲げたまま達成できずにいつも夜更かしをし、目標の時間に起きれず朝という貴重な時間をかなり無駄にしてきました。

そんな自分を変えたい!と思い手にした本が10万部売れているという自己啓発本の「PDCAノート」(岡村拓朗著)という本です。

朝早く起きる方法ばかりを気にしていた自分ですが、「何かしらの目標を達成する方法」という根本的なものが足りていないという自分の考えにピッタリなものでした。

さらにノートは一日5分で書き終わり必要なのはノートと5本の線だけというシンプルさ!。ずぼらな自分にはかなりピッタリだったのですぐに買ってしまいました。

「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」感想と実際にやってみた結果を紹介したいと思います!

「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」はAmazonと楽天ブックスで発売中ですよKindle版もあるのでおすすめです↓

Amazonはこちら


自分を劇的に成長させる!PDCAノート

楽天はこちら、下段は楽天Koboの電子書籍版です。

PDCAとは?

これからこの本にかいてあった内容と実際にそれを行った結果を紹介していきたいと思います!

そもそもPDCAとはP:「plan] D:「do」C:「check」A:「action」のことで計画をし、行動をして、評価を下し、改善策を考えるというサイクルのことでみなさんも一度は聞いたことのあるフレーズだと思います。

このPDCAのサイクルをより高速に習慣的に行っていくことにより目的は達成されていきます。

この高速に習慣的にを可能にするためにフレームをつくっていくことが大切になっていきます。このフレームというのは行動をシステム化することで、一度つくってしまえば半自動的に動いていくものです。

「PDCAノート」作成方法

 下の図にそのフレームとなるPDCAノートの図をつくって見ました。

いきなりPを作成するのではなく、まずは目的やタイトルを書き入れましょう。

こうすることでPDCAのサイクルを回している以上本来的な失敗はなくなります!

つまりサイクルを回している期間の失敗は成功への手がかりになるのです。

さらにその横にポイントを3つ書いて置くことが大切!ポイントを3つに絞ることで何が大切で何が外せないのかが可視化されます。

これは「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン-人々を惹きつける18の法則-」にも載っていましたが人は3という数字が最も覚えやすいそうです。

「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン-人々を惹きつける18の法則-」もAmazonと楽天で発売中なので併せて読んでみるとより効果がありますよ↓

AmazonKindle版はこちら


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

楽天はこちら

これができたら計画を書き入れスタートです。

Doの欄には事実を残すことが大切です。

ここではDoを可視化して今の状況がどうなっているのかを把握し、Planとのギャップを知ることに徹します。

なるべく形容詞などを使うのではなく具体的に数字や固有名詞などを使って書き留めるのが大切です。

続いてはCheck、先ほど書いた事実を踏まえ自分視点で考察をいれてうまくいかなかった原因もしくはうまくいった原因を書き留め可視化していきます。

それができたらAction、改善策を出していきます。

DやCを眺めつつ改善策となりうる仮説を立てていきます。

今までの事実や気づきを可視化しておいたので無駄な思考力を使わずスマートなアイデアを出すことができますね!

「PDCAノート」感想と実際にやってみた結果

 下に自分が実際にやったPDCAノートを載せて起きました、字が汚いのはごめんなさい。

今までどうしても朝早起きするのが苦手だった自分を変えたくて早起きのためのPDCAノートを作成しました。

まずは朝6時に起きるという目標を設定し、ポイントを3つに絞り、夜は12時には寝るという計画を立てました。

しかしながら実際はスマホをいじってしまい気が付けば1時過ぎ、案の定次の日6時に起きることはできませんでした。

本来の自分ならここであきらめ次の日にはこの失敗はなかったことになっていましたが今回は違います!

この事実をしっかりとDoの欄に書き留め下の図のように気づいたことを書き、改善するであろう仮説を書き出していきます。

これをすることで最初の失敗は失敗にはなりません!

自分はこの作業をを3日間繰り返しただけで睡眠時間を削らず寝起きの良い素晴らしい朝をてに入れることができました!

一日5分ほどを3日繰り返しただけでこの成果なのでこれからもくりかえしPDCAを回していきさらに改良をつづけていきたいと思っています!

実は今回紹介したのは本に乗っていたいくつかのPDCAノートの書き方の一つです。

ほかにも目標型、商談型など様々な用途にあったPDCAノートの書き方もありますので、是非読んでみてください!

「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」はAmazonと楽天ブックスで発売中ですよKindle版もあるのでおすすめです↓

Amazonはこちら


自分を劇的に成長させる!PDCAノート

楽天はこちら、下段は楽天Koboの電子書籍版です。

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です