Netflix「ATYPICAl」(ユニークライフ)あらすじや海外の評判とネタバレ感想を紹介!

2017年8月11日から配信がスタートしたNetflixオリジナルドラマ「ATYPICAL(ユニークライフ)」をご紹介いたします。

こちらはアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズです!今回はNetflixオリジナルドラマ「ATYPICAL(ユニークライフ)」のあらすじとロッテントマトやIMDbでの海外の評判、そしてドラマのネタバレも紹介いたします!

うろたん
うろたん

Netflixで人気のドラマシリーズだよ!

Netflixで人気の作品はこちら。

 

 

 

 

Netflix「ATYPICAL(ユニークライフ)」あらすじ

主人公は自閉症スペクトラム障害を持つ18歳の学生サム・ガードナー(キーア・ギルクリスト)です。

自身の持つ障害のために普通の学生のような日々を送ることに何かと苦労する主人公ですが、

©Netflix

人と上手く関わることが出来なくても、努力しだいで人並みの恋は出来るはずと考えます。

彼の父ダグ(マイケル・ラパポート)はサムとの関係に悩んでいました。サムが何かを質問しに来るとどぎまぎしてしまいます。

ある日、サムが夢中になっている女性にプレゼントをして驚かせたいというのでダグは彼女の家まで送っていくことするんです。

しかし、送った先はだいぶ年上の26歳のセラピストだったんですね。

ダグはすぐに引き返してサムに自分に見合ったガールフレンドを見つけるように指示するんです。

 

 

 

 

サムは「練習用の彼女」が必要だと考えるんです。

サムを中心に家族や友人が彼を支え、成長していく物語です。

©Netflix

 

 

 

 

Netflix「ATYPICAL(ユニークライフ)」の海外の評判とネタバレ感想

「ATYPICAL(ユニークライフ)」は海外ではどんな評判なんでしょうか?

「ATYPICAL(ユニークライフ)」海外の評判

まずはロッテントマトから見てみましょう。

ロッテントマトとはアメリカの映画批評サイトで映画の面白さを図る上でとても役に立つサイトです、批評家や一般のレビューもあり多くの映画人が参考にしております。

トマトメーター(批評家の採点)は87%と高得点ですね、オーディエンススコア(一般ユーザー)も95%と高得点です。

一般ユーザーからのスコアが95点と非常に高いことからどなたでも楽しめる作品であることが分かりますね。

 

 

 

 

©RottenTomatoes

IMDbの方はどうでしょうか?

IMDbとは、Amazonから提供されているインターネット上での映画のデータベースになり、洋画作品などはこの数値を見て星が多いほど評価が高い映画だといえます。

こちらも星が8.3なので結構いい数字ですね。

 

 

 

 

©IMDb

海外の批評家や視聴者のコメントはどうなんでしょうか?評価コメントを見てみると、

「自閉症スペクトラム障害という重くなりがちなテーマを扱いながらも、明るく愉快なコメディタッチで家族愛を愉快に表現している。」

「登場人物全員が優しい。誰もが優しくて誰かのために考えられることが大切だと気づかされた。」

など評価の高いコメントばかりでした。

悪いレビューを見てみると、

「ステレオタイプのヲタクとして自閉症を扱っており、これまで同様に退屈な描写を生み出しています」

 

 

 

 

「ATYPICAL(ユニークライフ)」感想とネタバレ

主人公の持つ自閉症スペクトラム障害がどのようなものなのか、ドラマを見進めるごとに理解することが出来ます。

それを筆者なりにまとめると「とにかく繊細。人付き合いが苦手で何事も言葉の通り捉えてしまう」といったものです。

そのため主人公のサム・ガードナーは何気ない学校生活に様々な苦労を抱えることとなります。

他の生徒が騒ぐ声、照明、アップテンポな音楽などがサムの日常を難解なものにします。

そんなサムを抱える家族の温かさがこのドラマの見どころの一つです。

まず目を引かれるのはおせっかいなサムの母親エルザ。

 

 

 

 

普通の母親でさえも子供からしたらおせっかいすぎて困ることがあるものです。

しかしエルザは障害を持つサムに必要以上に世話を焼いてしまいます。

サムは自分の障害を受け入れそれを自らの手で克服していきたいためエルザの行動はたびたび空回りしてしまいます。

そして二人目の家族はサムが一番信頼を置く妹のケイシー。

陸上部部員として輝かしい成績を残す一方、苦労の多い兄への配慮が彼女の最優先事項です。

 

 

 

 

彼女もまたエルザのおせっかいを煙たがっていますが、話が進むにつれて女性同士だからこそ理解のできるエルザの親心を理解し受け入れていきます。

最後の家族は父親であるダグ。

彼は妻のエルザとは違い、サムに対してあまり干渉することがありません。

最初はおせっかいなエルザと比べると理想的な父親に見えるのですが、実はダグはサムの障害を受け入れることが出来ていませんでした。

こうしたそれぞれの性格の違いからたびたび家族は衝突を繰り返し、離婚の危機にまで瀕してしまいます。

 

 

 

 

大人になった今この作品をみると、家庭を持つことの難しさを痛感しました。

もちろんこのドラマでは家族だけではなく、サムの恋模様も描かれます。

自閉症を抱える人が将来結婚出来る確率が非常に低いことをしりそれを真に受けるサム。

しかし、友人はたまた恋人がそんなサムの性格を理解しながらもありのままに接する部分に友情の温かさを感じました。

 

 

 

 

ドラマ「ATYPICAL(ユニークライフ)」の概要と監督について

「ATYPICAL(ユニークライフ)」はマイケル・パトリック・ジャンが監督を務めたNetflixドラマシリーズです。

マイケル・パトリック・ジャン監督は1994年に公開された「わたしが美しくなった100の秘密」で映画監督デビューし、公開直後から世界中で高い評価を得ました。

 

 

 

 

そのマイケル・パトリック・ジャン監督の第3作目で初のドラマ作品が「ATYPICAL(ユニークライフ)」でした。

みんなの期待を集めた作品と言って良いでしょう。

主人公はキーア・ギルクリストが演じており、その他にマイケル・ラパポートやジェニファー・ジェイソン・リーなどが出演している。

予告編はこちら↓

©Netflix

作品概要はこちら↓

タイトルユニークライフ
原題Atypical
製作国アメリカ合衆国
製作年2017年
1作品時間約30分
うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です