ミッドサマー サントラを購入したくなる映像音楽美

どうも、うろたん  (@urotan51131875) です!

本日ご紹介するのは2月21日より公開される「ミッドサマー」です!

スウェーデンのある村での90年に一度の祭典を舞台にしたホラー作品で、おススメ度は

★★…観る人を選ぶ作品

特にカップルでの視聴はおススメしません。

どんな映画なの?

この映画は「ヘレディタリー 継承」でホラー界で一躍有名になったアリ・アスター監督の新作ですね。

作品の概要はこちら

タイトルミッドサマー
原題MIDSOMMER
製作年度2019年
製作国アメリカ
監督アリ・スター
脚本アリ・スター

ホラー映画なんですが、上映時間が2時間30分以上もあるんですよ。普通のホラー映画はだいたい1時間半程度の上映時間なんですが、いや~長いです。

ダニー(フローレンス・ピュー)とクリスチャン(ジャック・レイナー)

どんなストーリーなの?

主人公はダニー・アルドール(フローレンス・ピュー)という女子大生。映画の冒頭15分で彼女の両親と妹が自殺をしてしまうというショッキングな幕開けで映画は進みます。

彼女は精神的にトラウマを抱えてしまって、恋人であるクリスチャン・ヒューズ(ジャック・レイナー)はそんな彼女に不満を抱えつつも愛しているので口には出さずに献身的に務めるんですね。

そんなある日、民俗学を学ぶ仲間のジョシュ(ウィリアム・ジャクソン・ハーパー)とマーク(ウィル・ポールたー)、ペレ(ヴィルヘルム・ブロングレン)の3人がペレの地元であるスウェーデンの小さな村へ民俗学の論文のために行く言い出すんですよ、そこにクリスチャンはダニーも誘って5人で行く事になるんです。ちょっと強引な感じもしますが、まあご愛敬。

その村へは飛行機と車を乗り継ぎ行くのですが、車で村に向かうシーンが映像と音楽がマッチしていましたね。まさにシャイニングの「オーバールックホテル」に向かうシーンのような静かな怖さがありました。

たどり着いた村は花々が咲き乱れ自然に満ち溢れたとてもきれいな村でした。

90年に一度の祭典を行う村の人々と一緒にダニー達は祭典の儀式に参加するのですが…

その内容とは彼女たちの信じられないようなものだったのです!

冒頭シーンの絵画

ポストロック的な世界観を紡ぎだす至高の楽曲

この映画はホラー映画なんですけど、物語が白夜(一日中日が沈まない)の村の設定なので常に画面が明るいんですよ、スウェーデンの豊かな自然を観ているだけでもちょっと神々しい絵なんですが、そこに入っている音楽が素晴らしい。サントラ売ってないか調べたんですがどうも出ていないのかな?と思ったのですが、探しましたよ流石Amazon!インポート版が売ってました!

「midsommer soundtruck」

midsommerサントラ

この音楽を聴いているとポストロックのシガーロスを彷彿とさせるんですね。シガーロスはアイスランドのポストロックバンドなんですけど、ミッドサマーの映像にはとても合う音楽なんですよね。

シガーロス

この映画はホラー映画ではあるんですけど、結構芸術色が強い作品だと思いました。

是非音楽にも注目してもらえるとより楽しめますよ。



現代版ウィッカーマンともいうべき内容

ミッドサマーを観ていて、何かに似ているな~っと感じてたんですが、「ウィッカーマン」(1973年)でした。

いわゆる、俗世から隔離された村でカルト的な儀式が行われるというストーリーのプロット自体がまさに「ウィッカーマン」でしたね。

「ウィッカーマン」を知らない方は下記に予告編がありますのでご覧ください。

ウィッカーマン

 物語は終盤に向かうにつれ、そのホラー性をのぞかせます。

ダニーと一緒に来た仲間が次づぎと行方不明になるんですね。ダニーは不振に思いながらも村の儀式に参加します。その年のメイクイーン(村一番の女性)を選ぶ儀式で何故か勝ち残ってしまうダニーはメイクイーンになるのですが、その頃、彼氏のクリスチャンは別の儀式を始めちゃうんですよ。

これまたウィッカーマン的なんですけど、風習とか儀式とかの話になると結局はエロティシズムに話が向かっちゃうんですよね。

まるで「アイズ・ワイド・シャット」張りの性的儀式なんですよ。これが。

そういう映画だったの?って感じですがまあ、仕方が無いでしょう。

メイクイーンになるダニー


 

ネタバレ及び感想

この映画の最後のオチは、メイクイーンになったダニーがクリスチャンの不貞行為を許せずに生贄にしちゃうんです。クリスチャンと行方不明になっていたジョシュとマークと一緒に儀式用の建物に火を付けられて死んじゃうという結末。最後にダニーがドヤ顔でほほ笑むという。女性って怖いのね。チャンチャン。といった感じのけっこうあっさりしたラスト。これまでの2時間半はなんだったんだ状態です(笑)

正直「ミッドサマー」は内容を楽しむというより、PVのように映像と音楽を楽しむ映画だと割り切った方が良いかもしれません。(その方がダメージは少ない)

配給のファントムフィルムさんの宣伝がうまかったというのが感想ですね。こういう内容だとは全然思わない宣伝の仕方はある意味すごいなと…

くれぐれもカップルで行かない事をおススメしますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました、 うろたん  (@urotan51131875) でした。

クリックお願いします!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。