映画「ヒメアノ~ル」考察!結末(ラスト)は?ネタバレ紹介!

各時代に名作漫画を残している古谷実氏。

「行け!稲中卓球部」でコメディー漫画家として不動の人気を確立するも、「ヒミズ」以降の作品では人間の裏に隠れた心理にスポット充てた、「大人向け」の作品を生み出しています。

その中でも最大の問題作と呼ばれ、ジャニーズのV6の森田剛がサイコキラーを演じて話題になった映画「ヒメアノ~ル」!

神戸連続児童殺傷事件の加害者少年Aが最も好きな作品といういわくつきの作品でありながら、かなり考えさせられる内容は芸術性も高いと評判です。

映画「ヒメアノ~ル」(ヒメアノール)考察!結末!(ラスト)のネタバレ紹介!

映画「ヒメアノ~ル」を動画配信サービスで見るのであればAmazonプライムビデオかNetflixがおすすめ!どちらも無料会員登録期間があるのでじっくり考えて入会できますよ。

映画「ヒメアノ~ル」概要とあらすじ

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実による同名コミックを、「V6」の森田剛主演で実写映画化。

森田が、次々と殺人を重ねていく主人公の快楽殺人犯・森田正一役を演じ、「純喫茶磯辺」「銀の匙 Silver Spoon」などを手がけた吉田恵輔監督がメガホンをとり平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートタイマーとして働いている岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。

ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、ユカから彼女が森田にストーキングをされている事実を知らされる。

岡田役を濱田岳、ユカ役を佐津川愛美、安藤役をムロツヨシがそれぞれ演じる。

2016年に製作+15指定になっています。上映時間99分

予告編はこちら。

©ハピネット

考察!結末(ラスト)のネタバレ

密かに恋していた森田がストーカー行為に及んだりします。

森田の同級生である岡田が森田がストーカーされていたユカに好意を寄せられて付き合うようになりますが森田はそれを許さず岡田とユカを殺そうとします。

しかし、ユカと岡田は危ないからと一緒に暮らすことになるのですが、岡田の先輩である安藤が森田に襲われてしまい、ましてや岡田の母親を使い岡田の家を特定して丁度帰ってきたユカが襲われてしまいます。

岡田は母親の電話で気がつき、警察に通報して急いで自宅に帰ると森田と取っ組み合いになり二階から森田を掴み岡田は飛び降りましたがちょうど来た警察の前で森田は岡田を人質に取り軽ワゴンに乗っていた男性を刺し殺してしまい逃走を図ります。

しばらく走って逃げていた時丁度、犬を連れた老人をよけようとして電柱にぶつかります。

事故を起こした衝撃なのか森田は頭を強く打ちいじめられる前に一度岡田と遊んでいた高校時代の森田に戻り、貸していたゲームを探し始めてた時に追いついた警察は森田を確保しましたが、森田の片足はなくなっており最後に「また今度遊びに来てよ」で話は終わりです。

正直、森田という人物が何をしたかったのか分かりませんが殺人に対しての処理がかなり甘々であるとしか言いようがないですし、警察を殺すときに出た噓をする前の計画性もありません。

最初に高校時代にイジメられていた時の相手を殺すときなんて殺すことにためらいが感じられませんでした。

しかし、なんでそこで和草を共犯に選んだかもわかりません。

共犯にさせてお金の為の共犯であってと言えますが計画性は特になく森田がどこから来るって言ったかもわからない感じで、取り敢えず女を犯してはそのあと殺すやその間はただ岡田の場所を探しだすための殺しにすぎなかったのかもしれないです。

森田の殺害の仕方から余りにも計画性が欠けていることからサイコパスの中ではかなり低い低レベルなサイコパスの分類だと思います。

ヒメアノールの漫画の原作ではちゃんと動機が描かれているとは思いますが変に最初にコメディー要素と殺人が上手いこと合わさっていないせいかとても内容がかなり薄いB級映画という感じでした。

映画的にも18指定を防ぐためにギリギリのラインで15指定に持ち込んだ事により濃く内容を伝えられなかったてことがここまで作品の内容が薄くなりB級映画並みになってしまったのだと思います。

もしかしたら18指定にしていればまた違う面であらわせられたと思いますが利益のためということで仕方なかったのかもしれないですね。

殺人物の映画をいくつも見てきましたがここまで一貫性ない殺人は余りにも美徳とはいいがたいですし殺すのあればもっとグロく残虐非道性が高いほうが良かったかもしれないと思いました。

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

urotan
3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。