「BEAMS」のTシャツデザインが大炎上?デザインや発売ブランド「LABRAT」前田嘉之氏についても紹介!

人気セレクトショップ「BEAMS」が発売を開始したTシャツがネット上で大炎上をしています。

何故大炎上してしまったのでしょうか?

それは、Tシャツのデザインに問題がありました。

ファッションとしてオシャレなデザインを追求したのでしょうが、そのデザインに性的な表現の問題があるというんです。

そのTシャツがこちら。

大炎上をしている、このTシャツですが、完全にアウトですね。

実際にこういった経験をした方にはとても耐えられないでしょう。

これを「オシャレ」という感覚で作成したブランド「LABRAT」にも問題がありますし、実際に取り扱った「BEAMS」にも問題があります。

しかも、ZOZOTOWNなどで販売されたこの商品は既に品切れ状態。

恐らく転売目的とした人が購入するという最悪の展開になってしまいました。

現状では「BEAMS」からの正式発表は無い状況ですが、今後の発表が注目されます。

自主回収に向かうのではと考えられていますが、既に出回った商品の回収は難しいでしょうか。

ではこのTシャツをデザインした「LABRAT」とはどういうブランドなのでしょうか?

「LABRAT」とは?

2006年に原宿の古着屋BERBERJIN(ベルベルジン)の限定ブランドとして、デザイナーの前田嘉之が作ったブランドです。

©ファッションプレス

ユニセックスの人気ブランドでブランドのコンセプトは「流行に流されることなくアンビバレンスな存在をミックスさせてみること

若者向けですが、以前から攻めたデザインで話題になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。