(速報)緊急事態宣言が5月31日まで延長!?全国?それとも部分的?5月14日に早期宣言解除決定の可能性も?

新型コロナウイルス拡大の影響により、「緊急事態宣言」の延長かどうかが日本列島に住んでいる人々にとって重要な問題となっていますよね?

先ほど、速報として「緊急事態宣言の延長」が発表されました!

当初言われていた通り、5月31日までなのでしょうか?そして全国的なのか、感染者の少ないところは短いのか?

5月14日再度専門家会議が開かれて早期宣言解除決定の可能性も?

紹介いたします。

「緊急事態宣言」は5月31日まで?

先ほど、発表された「緊急事態宣言の延長」に関して、期間が決定いたしました!

「緊急事態宣言の延長」期間は5月31日までになりました!

約4週間という事でまだまだ時間がかかるという事ですね。

これにより、休業を余儀なくしている会社やお店、フリーランスの方々にも今まで以上に負担が強いられる状況になってしまいました。

未だに、ちゃんとした休業補償も進んでおらず、休業をしても保証されるかどうかがわからないという状況に変わりはありません。

政府としては今後、休業補償を何より優先していく必要があると思います。

「緊急事態宣言」は全国的?それとも部分的?

では「緊急事態宣言の延長」は全国的なのか、それとも感染者の少ないところは短いのか?

政府は「全国一律」で5月31日まで「緊急事態宣言の延長」を決定しました!

これはかなりつらいところです。

感染者数はピークを越えたと言われておりますが、まだ連日100人程度が陽性となっている現状でまだ4週間ほど時間が必要だと政府側で判断がされたことになります。

5月と言えば、ゴールデンウィーク、そして母の日といったイベントも多く、気候も暖かくなり外に出たい時期ですよね、もちろん商売としても売り上げのあがる時期なのでこの延長はかなり日本の経済にも大打撃を与えると思われます。

また、4月からの1か月で子供のいる世帯へのストレスは測れないものになっていくことが予想されます。

学校も休校が続き、家族が毎日家にいれば3食をどうするか考えないといけません。

今まではなんとか毎日お母さんかお父さんが作れたかもしれませんが、さすがにあと4週間と言われると苦しいですよね。

5月14日に専門家会議が開かれて早期宣言解除もありえる?

安倍総理のコメントによると、5月14日に再度専門家会議が開かれて感染状況を鑑みる機会が設けられるという事です。

そこで、感染が封じ込められていれば2週間後の14日に専門会議無いで早期に「緊急事態宣言」の解除を発表する可能性もあるという事です。

早期に解除する場合は恐らく5月20日程度には解除される可能性がありそうですね…

東京はなかなか難しそうですが、岩手県等の感染者がゼロや少ない地域では早期に解除される可能性もありますね!

コロナ予防をしてきましょう

今はとにかく、コロナウイルスに感染しないように予防をするしかないです。

「マスク」の価格はピークを過ぎて適正価格になってきたので、ちゃんと購入しておきましょう!2000円を切りだしたのはうれしい!

楽天で販売していますよ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です