映画「聲の形」感想や海外の評判を紹介!竹内先生は教師失格!?いじめ問題に言及する問題作!

7月30日(金)から金曜ロードSHOW!(金曜ロードショー)の企画「夏アニ2020」が始まります。
5週間に渡って、最新の作品からおなじみの名作まで様々なアニメ映画が放送されますので、名作アニメ映画を楽しむことのできる企画です。
その第一週目は「聲の形」。
原作は週刊少年マガジンにて連載され、センシティブな内容から議論を巻き起こしていました。
映画版も繊細な問題を妥協せずに描いた点が評価され、海外でも話題になった作品です。

映画「聲の形」感想や海外の評判を紹介してきたいと思います。

劇中に出てくる、竹内先生は教師失格なのでしょうか?いじめ問題に言及する問題作の内容に関して深堀していきたいと思います。

「聲の形」を早く、CMで邪魔されずに見たいという方におすすめなのが動画配信サイトU-NEXTです。31日間無料会員登録で600ポイントもらえるのでそのうち、440ポイントを使って映画「聲の形」をタダで観る事ができますよ。下記から登録できます。

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

映画「聲の形」で向き合うことになる自分の過去

まずは映画予告編をご覧ください。

こちらは映画「聲の形」の公開当時の予告なのですが、私はこの時点で少し泣きそうになってしまいました。

物語は主人公、岩井将也が小学生の頃の同窓生、西宮硝子に再会するところから始まります。

将也はずっと硝子に謝りたい、罪を償いたいと考えて生きていました。

硝子は生まれつき耳が聞こえず、それが原因で小学生のときにはクラスメートからいじめを受けていました。
そのいじめを先導していたのが将也だったのです。
しかし硝子へのいじめが学校として大きな問題と取り上げられた途端にクラスの空気は一転、いじめの主犯格だった将也は逆にクラスメートからのいじめを受けるようになってしまいました。
そんな将也に硝子は優しく接しようとしますが、将也はそれを拒絶し取っ組み合いの喧嘩までしてしまいます。

また、硝子は落書きされた将也の机を毎朝懸命に拭いていました。
それに気づいた将也は初めて硝子の優しさを知り、わかり合おうと考えますが、その猶予もなく硝子は転校してしまったのです。

以来、将也は人間関係にトラウマを抱えて、中学高校と孤立した学校生活を送っていました。
どうしても自分を許すことができず、将也は自分の罪を贖った後で自殺をしようと考え、過去いじめていた硝子へ謝罪と感謝の気持ちを伝えるために彼女と再会したのです。

幼い頃にはできなかった思いやり、痛みを知ったからこそ伝えることのできること。
そして未だに克服できていないトラウマ、自分の弱さ。

誰もが抱える過去の後悔や人を傷つけてしまった思い出に大変響く作品だと思います。
将也、硝子だけでなく登場人物の全員が弱さを持っており、それが故に相手を傷つけてしまう。
一方、傷つけ合いながらも少しずつ少しずつ分かり合っていくんですね。


フィクションでありながら、ご都合主義にはならずリアルで残酷な物語。
可愛らしい絵柄の作品ですが、心を抉る展開が目白押しです。
それでも希望の見えるラストで締めくくられております。

劇中に登場する小学校の担任の竹内先生がイジメを自己責任として西宮を助けない点などもリアリティに溢れており、大人の目線から見た自己保身の感情などは学生だけではなく大人が観てもドキッとさせられてしまします。

竹内先生が一番悪いという意見も多くみられ、たしかに当事者じゃなかったらそう思うのですが、自分が同じ立場だった時に竹内先生のような行動を取る大人は多いのでは無いでしょうか?


誰もが普段は覆い隠している自分の暗部と真剣に向き合うことのなる作品だと思いますのでぜひ御覧ください。

 

 

 

 

映画「聲の形」海外での評判

「聲の形」は原作、映画ともに海外でも話題となっており高評価を受けております。
中国では公開3日で約5.3億円の興行収入を叩き出し、当時公開されていた「スパイダーマンホームカミング」、「ダンケルク」に並び第三位となるほどの人気を誇りました。

アメリカの雑誌「ロサンゼルス・タイムズ」では
「本作の痛みを伴うほどの誠実さは、『マイリトルポニー』や『絵文字の国のジーン』といった近年のアメリカアニメーションの特徴である”簡単に皆が友達になり歌を歌うようなもの”に対し、強烈なカウンターを植え付けている。」
と今作の繊細な問題にも切り込んでいく姿勢を評価しています。

さて、海外の映画評価サイトではどれくらいの人気があるのでしょうか。
まずは「rotten tomatos」での評価を見てみましょう。

「rotten tomatos」はプロの評論家と、普通の鑑賞客の両方の評価が数値化されており、映画の判断基準としてとても便利なサイトです。

©Rotten Tomates

評論家94%、一般観客92%と大変な高評価ですね。

では「IMDb」ではどうでしょうか。
「IMDb」はアマゾンによって提供されている世界中の評価を見ることのできる映画評価サイトです。

©IMDb

こちらでも星8.2/10と大変な評価ですね。

高評価の理由として、
「子供同士がお互いを傷つけあってしまう残酷だけど、リアルな人間模様を、批判を恐れず徹底的に描いている」
「心の問題や自殺、いじめといった感傷的な問題をアニメで扱っている点が新鮮だった」

というテーマ性を評価する声が多数寄せられていました。

一方、今作のアニメーター山田尚子さんが描く登場人物の細かい感情の機微にも評価が寄せられており、宮崎駿さんが引退したら彼女が日本のアニメを背負って立つことになるとまで評価されていました。

 

 

 

 

映画「聲の形」アニメーター山田尚子さんの作品

映画「聲の形」を監督したのは京都アニメーションの山田尚子さんです。
彼女はTVアニメ「けいおん!」の監督を務め、世界中にけいおん!旋風を巻き起こしました。
けいおん部に属する女子高生たちの生活を入学から卒業まで描き出し、その繊細な感情表現でたくさんのファンを作り出しました。
また「響け!ユーフォニアム」の劇場版「リズと青い鳥」でも監督を務めており高い評価を得ています。

セリフにならない登場人物の感情を表情、仕草、風景描写で描き出す演出が高く評価されており、内面描写がものすごく重要になる「聲の形」ではその良さが十二分に活きていました。

海外からも期待が寄せられている日本のトップクリエーター山田尚子。
今後の活躍もものすごく楽しみですね。

 

 

 

 

「聲の形」を楽しむならUーNEXTがおすすめ

「聲の形」を早く、CMで邪魔されずに見たいという方におすすめなのが動画配信サイトU-NEXTです。

初月は無料で旧作映画が見放題、660円分の新作映画も楽しめます。

二月目からは月額1990円で旧作映画が見放題、更に毎月1200塩分のポイントが付加されて、新作映画も見れちゃうんです。

また毎月のポイントを使えば新作映画だけでなく、マンガや雑誌も読めるのでチョーお得。

だからこそU-NEXTでは「聲の形」の原作も映画楽しめるんです。

まずは下記から無料のトライアル、ぜひ利用してみてください。

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です