映画「ジョーカー」を楽しむには「バットマン」や「ダークナイト」を見るべき?考察

アマゾンプライムで放映中!話題の「ジョーカー」2019年に公開されたアメリカの心理スリラー映画。

イギリスでは酷評がされたのって知ってましたか?

アメリカとは違ってイギリスの社会では「アーサー」のような気持ちは理解しずらいのかもしれませんね。

その点、日本人にはとてもしっくりくる内容でした。

今回は映画「ジョーカー」を楽しむにはバットマンやダークナイトを見るべきなのかを解説していきたいと思います。

今回紹介する映画「ジョーカー」の関連作品を全部視聴できておすすめできるのはAmazonプライムビデオです。

30日間の無料会員期間もあるので気軽に登録できます。

下記から登録できます。

▽30日間無料キャンペーン実施中▽

△30日間以内の解約で料金は発生しません△

ジョーカーを鑑賞する前に!

映画「ジョーカー」をより楽しむために、おすすめの作品を紹介していきたいと思います。

バットマン:キリングジョーク

「バットマン:キリングジョーク」は1988年コミック原作のアニメ映画です。

化学会社で働くあるエンジニアが仕事を辞め、コメディアンになろうとするが、全くうまくいかず、妊娠中の妻ジェニーとの生活のために、以前働いていた会社を乗っ取ろうと企んでいる犯罪者に手を貸すことに。

しかし、犯行直前に警察から妻とまだ生まれぬ子供が事故により死んだと告げられる。

それでも、犯罪に手を貸す男は次第に狂気へとかき立てられ、ジョーカーへと変貌する。

このアニメ映画ではバットマンが主役なので、バットマンが凶器と化したジョーカーを敵に阻止しようとするが、ジョーカーの経緯を察したゴードンが仲違いに入り、終盤でジョーカーは警察によって捕らえられてしまう。

日本語版のコミックスやアニメ映画のブルーレイはAmazonと楽天で購入できます。

Amazonプライムビデオで299円で動画もレンタルできます。

Amazonは下記から。


バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)


バットマン:キリングジョーク [Blu-ray]

楽天はこちら。

バットマン (ティム・バートン監督)

1989年に公開された「バットマン」。

この映画は世界的に大ヒットしたバットマンシリーズ映画で、精神病で殺人者のジョーカーが広く知れ渡った作品でもあります。これ以前に原作アニメからシリーズ化され公開された作品の中でも、トップの興行収益を獲得しています。

本作でジョーカー役に配役されたアメリカ人ベテラン俳優ジャック・ニコルソンはぴったりの演技力で高評価を獲得、自身のコメントで「本作に出演できたことを誇りに思っている」と語っています。

クリストファー・ローラン監督による「ダークナイト トリロジー」の三部作

フォアキン・フェニックスの「ジョーカー」と比べられる事も多いのがクリストファー・ローラン監督による「ダークナイト」三部作!こちらは3作品とも必見です。

Amazonプライムビデオで観る事ができます。

バットマン ビギンズ

2005年に公開された「バットマン ビギンズ」。バットマン役にはアメリカの実力派俳優クリスチャン・ベールが主演男優賞を受賞。その他、映画評論家や高支持率を獲得した話題作となりました。

ダークナイト

「ザ・ダークナイト」は2008年に公開された二作目映画です。

惜しくもジョーカー役を演じた名優ヒース・レジャーの遺作となった作品で、助演男優賞を受賞しました。

ダークナイト・ライジング

 2012年に公開された「ダークナイト ライジング」。

本シリーズ映画の完結編として、画質とスケールに高評価を得ています。

犯罪組織が撲滅したと思われていたゴッサム・シティーに登場するキャットウーマン役はアメリカ人女優アン・ハサウェイ、や豪華キャストで送る大集結作品。

映画「ジョーカー」

それでは映画「ジョーカー」についてみてみましょう。

メイン・キャスト

・ジョーカー:アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス):精神的な病を患っているスタンド劇場を目指すコメディアン。老いた母親の面倒をみる心優しい男だったが、虚無感を患っていた。

・マレー・フランクリン(ロバート・デニーロ):アーサーが目指すトークショーの主催者。

・ソフィー・デュモント(ザジー・ビーツ):アーサーと同じアパートに住む皮肉なシングルマザー。

・ペニー・フレック( フランセス・コンロイ):昔トーマスウェインで働いていたが、精神的及び身体的な病気を患っているアーサーの母親

登場人物

-ゴッサムの市長に立候補している億万長者であるトーマス・ウェイン(ブレット・カレン)

-トーマスの妻マーサ(キャリー・L・プトロレ)

-ウェイン家の執事であり世話人であるアルフレッド・ペニーワース(ダグラス・ホッジ)

-トーマスの息子であるブルース・ウェイン(ダンテ・ペレイラ-オルソン)

本作「ジョーカー」は第76回ヴェネチア映画祭でゴールデンライオンを受賞。

主演のアーサー・フレック(ジョーカー)役には個性派俳優ホアキン・フォニックス、ショー司会者マレー・フランクリン役には名優ロバート・デニーロが出演している。

予告編はこちら。

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

コレクションとしてのブルーレイはAmaozonや楽天で販売してます。

Amazonはこちら


ジョーカー ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

楽天はこちら

映画「ジョーカー」ネタバレ

バットマンファンなら欠かせない最新作で、バットマンシリーズで登場するジョーカーとは違った視点と、歴代ジョーカー役を見比べるのも楽しみの一つではないでしょうか。

現代版ジョーカーを描いたヒューマンドラマでもあり、ニューヨークでコメディアンを目指すある孤独な男がどのようにジョーカーに変貌するのか、1人の男の物語としても興味深いストーリーです。

最終的には殺人を犯し、暴動で逮捕され、精神科医の尋問後、病棟に1人歩くところで映画は終了しています。

そして、アーサーの父親は実はトーマスかもしれない!?という謎が残るエンディングになっています。

▽30日間無料キャンペーン実施中▽

△30日間以内の解約で料金は発生しません△

うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です