台風9号の「Windy」や米軍(JTWC)とヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想と台風9号メイサーク(MAYSAK)の名前の由来や意味は?(2020年)

9月2日になり、台風9号が九州北部に接近しております。

日本列島への影響はどうなのか?台風9号の「Windy」や米軍(JTWC)とヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想と台風9号メイサーク(MAYSAK)の名前の由来や意味についても紹介していきたいと思います。

「Windy」や米軍のJTWCによるリアルタイムや今後の予想を見て備えておきましょう。

「Windy」での台風9号メイサーク(MAYSAK)のリアルタイム情報

それでは早速台風9号メイサークのリアルタイムの状況をみてみましょう。

【Windy.comにてリアルタイムの天気予報図】

9月1日沖縄県が暴風域に入っており、午前3時に久米島で54.5メートル。渡嘉敷島では午前2時8分ごろに47.5メートルの最大瞬間風速を観測しています。

既に停電被害出ており、今後も注意が必要です。

沖縄県電では午前5時の時点で3万3000戸が停電をしています。

また、過去最大級の「高潮」の危険性もあり、気象庁は、高波とそれに伴う浸水被害に注意を呼び掛けています。

沖縄県を中心に展開するスーパー「ユニオン」は台風9号の影響により、全店舗を閉店を発表いたしました。

9月1日の19時40分の最新の状況は久米島の北西約230kmを1時間に15キロの速さで北北東に進んでいます。

2日から3日にかけて九州北部に接近するおそれがあり、九州南部、四国や東海にも暴風や大雨の被害が予想されます。水害には十分お気を付けください。

名前台風9号メイサーク(MAYSAK)
中心気圧985hPa
風速30m/s
最大瞬間風速40m/s

米軍の「JTWC」での台風9号メイサーク(MAYSAK)の進路予想

次に米軍の「JTWC」で最新の進路予想を見ていきたいと思います。

©JTWC

9月2日の時点での台風9号の位置です、九州に接近しているのがわかります。

赤字でTS10Wとなっているのが台風9号メイサークです。沖縄に向かっているのがわかりますね。

©JTWC

次に進路予想になりますが、JTWCの図だけだとわかりづらいと思うので、日本のNHKで公開されている図と照らし合わせてみると3日までの進路予想が出ています。

どちらもほぼ、日本海側を進む進路でほぼ同じですね。

©NHK

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/k10012590791000.html?utm_int=news-saigai_contents_list-items_002

特に31日からは沖縄を中心に暴風、暴雨が予想されますので不要不急の外出や渡航は控えて台風に備えるようにしてください。

その後、九州の西の海上へ進むと予想されます。

ヨーロッパ(ECMWF)の予想

次にヨーロッパの進路予想から今後の進路を予測していきたいと思います。

・9月1日午前9時の予想

9月1日の午前9時の様子です、何故9時かというとヨーロッパと日本の時差が9時間ある事から、ヨーロッパでの午前0時の予報は日本での午前9時の予報になるという事です。

色によって風速が分かれており、9日9時の時点では沖縄が風速40m以上の暴風域になっております。

9月2日午前9時の予想

9月2日の午前9時の様子を見てみると、台風の中心はやや西北西に向かって進んでおり、九州にかなり近づいているのがわかります。

9月3日午前9時の予想

台風の中心は日本海側に沿って北上しつつ、中国大陸にも接近しているのがわかります。

さらに東の海上には新たなる台風10号の発生も見てとれます。

・9月4日午前9時の予想

さらに日付を進めて9月4日の午前9時になると台風9号は中国大陸に上陸しており、日本列島への影響は過ぎさったとみる事ができます、さらに台風10号が日本へ接近しているのがわかります。

この事から、9月1日~2日にかけては沖縄地方に集中的な豪雨と暴風の恐れがあり、2日~3日にかけては九州と中国地方への豪雨、暴風の危険性があります。

特に気を付けていただきたいのは、「土砂崩れ」や「河川の氾濫」、大雨による「浸水被害」とそれに伴う「停電」です。

特に中国地方などは山間部もあるため「土砂崩れ」には細心の注意が必要になってきます。

台風9号メイサーク(MAYSAK)の名前の由来や意味は?

台風9号メイサーク(MAYSAK)の名前は命名がカンボジアで、樹木の名前「チーク」が由来となっています。

台風の名前に関しては「台風委員会」という日本を含めて14か国が加盟している国々であらかじめ用意している140の名前を台風の順に使用しており、140まできたらまた1から繰り返しをして使用されており、メイサークは71番の名前になっています。

台風9号メイサーク(MAYSAK)まとめ

以上の事がから今回の台風9号メイサーク(MAYSAK)についてまとめると下記のようになります。

・中心気圧が985hPa(ヘクトパスカル)の台風9号メイサークが9月1日~9月4日にかけて日本列島を縦断。

・9月1日~2日にかけて沖縄地方、9月2日~3日には九州・中国地方を中心に暴風・大雨の注意が必要。

・9月5日以降は最新の台風10号への備えが必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。