映画【ランボー ラスト・ブラッド】あらすじやキャストと海外の評判は?サントラはLPレコードがアツい!

1982年に第1作品目が製作され、ただのど派手なアクションではなく、頭脳戦をも含めた内容で一躍有名となった「ランボー」シリーズ。

1作目上映化から実に40年が経ち、またあの男「シルベスター・スタローン」演じる「ランボー」が返ってきました!

その第5作目となる「ランボー ラスト・ブラッド」が日本でも、ついに2020年6月26日に上映されることとなったんですね!

過去のシリーズと比べて飛躍的にスケールが大きくなったこの作品。「シルベスター・スタローン」はインタビューにこう答えています。

「今回の作品は暴力そのものを描いている。厳しい世界が現実にあり、その世界をオブラートで包まずに表現したかった。

(”I didn’t want to candy-coat it.”..) 」 彼が述べているように、過去のシリーズではランボー自身や敵の男性だけが凄惨な痛めつけられ方をされているシーンが多く目立ちましたね。けれでも、今作のように無垢な女性が、目も向けられないほどの暴力的な仕打ちをされているのは今まで見たことがありません・・・。

今までとはガラッと変わり、戦場ではなく日常的なストーリーを描いているこの作品は本作品。そのあらすじやキャストを紹介していきますね!

前作「ランボー 最後の戦場」はU-NEXTで「見放題」で視聴できるので下記から登録して31日間無料会員になって観てしまいましょう!

U-NEXTはこちらをクリック!

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

映画【ランボー ラスト・ブラッド】あらすじ

ランボー

かつてはアメリカ陸軍特殊部隊、通称「グリーンベレー」の兵士として、ベトナム戦争を生き抜いた「ジョン・ランボー」。

実は彼、伝説の戦闘マシンとして世界各地で戦うことばかりを誇りとして生きていました。

彼は多くの戦いを終えてアリゾナ州ボウイの故郷に帰ってきます。

しかし帰還してからというのも、重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされます。そんなランボーではありますが、アメリカに帰国してからというもの、故郷アリゾナの牧場を営みながら、古くからの友人であるマリアとその孫娘のガブリエラともに「家族」として平穏に暮らしていました。

しかしある日、一緒に暮らして暮らしてたガブリエラが姿を消してしまいます。それは、自分を捨てた実の父親がメキシコにいると知った彼女が、一人で危険な地に踏み込んで人身売買カルテルに拉致されてしまったからだったんですね。

「ランボー」は、自分の注意が足りなかったとかなり後悔をします。

怒りに燃えるランボーは単身でメキシコへと渡ります。そこで最愛の「娘」を救出すべくため、そして一味への復讐を果たすために「グリーンベレー」で身につけた数々のスキルを総動員して、戦闘準備を始めます。

そこで事実を知る「ランボー」は戦闘へと身を投じていきますが・・・。天涯孤独だであったランボーが初めて手にした「家族」を守るために命懸けで戦う、ランボーとして、父としてのパーソナルな戦いには感動すること間違いなしです!

ランボーの、陸軍としてではなく、一人の人間としてリアルな姿を見ることができる本作日。

歳月の流れをその衰えた肉体から感じるものの、変わらぬ熱い魂で本作品を展開していきます!彼はどんな「最後の決戦(ラスト・ブラッド)」を見せてくれるのか??

楽天では「ランボー 5ラスト・ブラッド」のオリジナルポスターやTシャツも発売してますよ!

うろたん
うろたん

コレクターズアイテムだね!

7ネットショッピングで限定のムビチケが予約受付中!海外デザインの特大ポスターセットはすごい!





映画【ランボー ラスト・ブラッド】キャスト

40年前と変わらず主人公「ジョン・ランボー」を演じてきた「シルヴェスター・スタローン」。

過去の「ランボー」シリーズ全てにおいての脚本を務めているんです!そして前作の「最後の戦場」では監督も務めまるという異様な背景の持ち主です!

今回も脚本を共同で担当しているという、なんとも実践的な俳優です!

彼は 2019年7月に72歳となりました。しかし、本作品でも年齢を感じさせないような暴れっぷりを見せます!さすがですよね!

「ラスト・ブラッド=最後の血戦」にふさわしい俳優です!

2001年の映画『ルシアとSEX』でスペイン版アカデミー賞の愛称で知られるゴヤ賞の新人女優賞を獲得した、スペイン出身の「パス・ベガ」が出演を務めます!

「ランボー」の孫娘を誘拐されたためにランボーと協力することとなるジャーナリスト、「カルメン」を演じる彼女にもご注目です!

「エイドリアン・グランバーグ」監督のもとに製作されたこの作品。

彼は「メル・ギブソン」主演の「キック・オーバー」の監督と共に共同脚本を手掛けます!それほどの脚本家なんですね!

そんな監督のもと、世の中にあふれるただのアクション映画ではない、かつて無かった史上最強の頭脳戦が幕を開けます!

「セルヒオ・ペリス=メンチェータ」が本作1番の悪役として「ランボー」の前に立ちはだかります!

ドラマ「スノーフォール」シリーズでその活躍を見せた彼が無敵の「ランボー」と繰り広げる戦いには目を話すことができません!

DCコミックを原作として注目を浴びている、2020年に配信されるドラマ「スターガール(原題)」で「ヨランダ・モンテス/ワイルドキャット」を演じる「イヴェッタ・モンリール」。

今回の作品では、ランボーの娘であるかのように、存在感を際立たせています。「カルテル」に誘拐されてしまう「ガブリエラ」を演じます。

ますます、観たくなってきましたね!セブンネット限定のムビチケ買っちゃおうかなぁ、ポスタープレミアになるかも!





映画【ランボー ラスト・ブラッド】海外の評判

海外での評判はどうなのでしょうか?

ロッテントマトから見てみましょう。ロッテントマトとはアメリカの映画批評サイトで映画の面白さを図る上でとても役に立つサイトです、批評家や一般のレビューもあり多くの映画人が参考にしております。トマトメーターが27%…批評家は酷評ですね、一般のオーディエンススコアは高いのでランボーマニアにとってはちょっと厳しい評価になるかもですね。

「ランボー ラスト・ブラッド」ロッテントマト

IMDbの方はどうでしょうか?IMDbとは、Amazonから提供されているインターネット上での映画のデータベースになり、洋画作品などはこの数値を見て星が多いほど評価が高い映画だといえます。こちらは星10点満点中の6.2という微妙な数字。

まあスタローンもお爺ちゃんになってしまったから最初のランボーと比べたらこんなもんですよね…

高評価の口コミを見てみると

「アベンジャーズより最高だ!!」

「めちゃくちゃに面白い!」

「これぞアメリカ映画」」

といったような、何ともアメリカらしい大絶賛の仕方が目立ちますね!

かつての「ランボー」の凶暴性、残酷描写を70歳を超えてもなお引き出すことができている。見ていて誇りに思う。

といった、なんとも模倣的な評論を多く得ている作品です。

うろたん
うろたん

ランボーは本当に今回も怒るのか!?(笑)

前作の「ランボー 最後の戦場」はなんだかんだ言ってちゃんとアクションして面白いのでおすすめです!こちらはU-NEXTで「見放題」で無料で観ちゃいましょう!

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

映画【ランボー ラスト・ブラッド】サントラはLPレコードが熱い!?

今回のランボーは何と言ってもサントラが良いんですよ…なかなかの力作で音楽を努めているのが、ブライアン・タイラーで、この人は「エクスペンダブルズ」や「アベンジャーズ」、ワイスピシリーズなんかの音楽もやってる超売れっ子で、史上もっとも収入の多い映画作曲家の第9位というからすごい!

個人的にはこの「Outnumbered」ていう曲が一番ランボーぽくて好きです!ちょっとメタルギア・ソリッド的なところがある。

実はこのサントラ、輸入盤としてLPが発売しているんですがこれが完全にコレクター商品で良い!

HMVとAmazonでは発売しているのでLP盤で楽しむのもいいですよね!ジャケットは飾るだけでも映えますな(笑)

Amazonで発売中のサントラLP盤

予告編はこちら

ランボー ラスト・ブラッド予告編

作品概要はこちら

タイトルランボー ラスト・ブラッド
原題Rambo: Last Blood
製作国アメリカ
製作年2019年
上映時間101分

新型コロナウイルス拡大の影響で映画館も休業しているので6月26日から延期になるかもしれないですが、観たい作品ですよね!

今のうちにムビチケを買っておきましょう!





うろたん
うろたん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!うろたんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です