書籍⑪ 1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法 著山口揚平

f:id:urotan2:20191224154612j:plain
           1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

書籍11冊目です。1日3時間だけ働いて穏やかに暮らすための思考法という

なんとも魅力的なタイトルのビジネス書です。

ココ最近流行のビジネス書と内容的には似たり寄ったりでしたね。

今後は資本主義経済が終わり信用主義社会が始まると、

そのためには個人のスキルをあげるべきで、会社に拘束されて長時間労働

していても意味は無いという話。

まぁ、たしかに言っている事は今後を見据えているのですけど、

そうそう、著者のように個人で稼ぐっていうのは難しく、その具体的な

方法もざっくりとしたよく聞く話でした。

とにかくメンターを探す的な、自分の師匠になるような人との出会いが必要という

のだけど、それがかんたんに出会えたら問題ないっってという。

新しい発見は特に無かったです。

★★
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です