映画 ハロウィン2018 ブギーマン対ジェイミー・リー・カーティス!Amazonプライムビデオで視聴!

ブギーマンのマイケル・マイヤーズ

どうも、うろたん (@urotan51131875) です!

いや~スラッシャーホラー映画の金字塔ハロウィンの正当続編。2018年の作品で、日本での公開日は2019年の4月です。

久々に古典的なスラッシャー映画を観ることができて満足!

おススメ度は

★★★…時間があれば観て損なし!

どんな映画なの?

ジョン・カーペンター監督によって1978年に一大ムーブメントを起こした名作「ハロウィン」の40年後を舞台に描くホラー映画となっております。「ブギーマン」は13日の金曜日のジェイソン・ーヒーズや「エルム街の悪夢」のフレディ・クルーガーの元となったキャラクターで、この3作品を「アメリカ3大ホラー」というアメリカではすごい映画なのです。

簡単に説明するとハロウィンの日に仮面を被ったマイケル・マイヤーズっていう男がどんどん人を殺していくってお話です。(細かく言うと色々ありますが今作を知るうえではそれほど重要では無いです)

当時何人もの人が殺される中で唯一生き残った女学生ローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)が今作では重要な役どころで、しかも当時ローリー役をやったジェイミー・リー・カーティスが出演しているというのがミソです!(ターミネーターのサラ・コナーをリンダ・ハミルトンが久々に演じたという位の意味合いですね)

今作でもジョン・カーペンターは総指揮と音楽を担当してるので正当続編ですね。

©2018 UNIVERSAL STUDIOS

前作を観ていなくてもストーリーはわかるの?

前作を観ていた方がもちろん何倍も面白いんですが、まったく観ていなくても映画の前半で大まかな内容は語られていたので楽しめます!

ストーリーは、冒頭、ジャーナリストのアーロンとデイナという男女が40年前のハロウィンに起きた連続殺人事件の犯人マイケル・マイヤーズをインタビューしにくるが、彼は40年一言もしゃべっておらず、インタビューは無駄になる、その後生き残りのローリーにも取材をするがまったく取り合ってくれなかった。ローリーにはあの事件はトラウマでありその後の人生を一変させてしまい、いつか必ずマイケル・マイヤーズ(ブギーマン)が復讐しにやってくる事を感じ、そのために自分はもとより、娘カレン(ジュディ・グリア)にもブギーマンを倒す術を教え込む。娘はそんな母が嫌で仕方がない。そんな母娘関係を見る孫のアリソン(アンディ・マティチャック)は呆れてしまう。そして、ある日、マイケル・マイヤーズを乗せた輸送車が事故を起こして中にいたマイヤーズと囚人達は脱走をする。マイケル・マイヤーズはブギーマンになるためにジャーナリストのアーロンとデイナがマスクを持っていたのを思い出し、探し出す…

アーロンとデイナ がトイレで襲われる

ローリーはマイヤーズの脱走を知り、決戦に備えるのであった。

ブギーマン対ジェイミー・リー・カーティス(ローリー役)

ブギーマン対ローリーの最終決戦!

この映画の醍醐味は何といっても、ブギーマン対ローリーの40年越しの対決でしょう!とにかくローリーの準備が半端ない!40年も何してるのって感じです。

その際たるものが、ローリーの家。もう忍者屋敷ですよ、あれは。

キッチンのテーブルの下に秘密の地下室(武器庫でもある)があったり、各部屋はシャッターが下りるようになっていたり、ついには家を自爆(燃やせる)できる装置あったり(笑)

ほんと40年何してるのさローリー。。。

それだけでも観る価値ありの作品ですが、ここからは完全なネタバレになるのでご注意。

最後はローリーとブギーマンの最終決戦になるのですが、ローリーの家に娘のカレン(ジュディ・グリア)と籠城し、そこにブギーマン登場!

ローリーは背中越しにショットガンをブチかますのですが、そんな事ではブギーマンは死にません。ブギーマンはその前にも車に轢かれてるんですけど全然平気です。。。

その後もナイフ片手にブギーマンはローリーを追い詰め、2回からローリーを落としブギーマンの勝ちか?と思わせといて、1階に戻ったブギーマンは娘のカレンも殺そうとするのですが、そんなグッドタイミングで、孫のアリソン(アンディ・マティチャック)が参戦しちゃいます。

アリソンと二人でキッチンの地下室に身を潜めるカレンですが、ブギーマンに簡単に見つけられます。。。

カレンはもうだめだと思いきや、ローリーに鍛えられた力が覚醒してブギーマンにまたもやショットガン?をお見舞いします!

一番のホラーはその後ろにローリーが待ち構えていて、「ハッピーハロウィン!」のキメ台詞!

なんだか、文章で書いているとほとんどコメディーですね。。。

ローリーは後ろからナイフでブギーマンを刺して、地下室に転げ落とします。

カレンとアリソンは地下室から逃げ出そうとするのですが、カレンの足をブギーマンが掴む!

逃げられないカレン、どうする。。。アリソンは何とかカレンを引っ張るのですが、そんな時に目に留まったのがさっき落ちたナイフ!アリソンはナイフを持ってブギーマン目掛けて刺します!

なんとかカレン逃げ出し成功!!

またもや忍者屋敷のカラクリで地下室の入り口に剣が何本も出てきてブギーマンを閉じ込めちゃいます!

そして、さきほど説明した忍者屋敷最後のカラクリ、自爆(火炎地獄)をお見舞いして、3人は家から脱出します!

いや~、もう時代が女性が強いっていうのを前面に押し出す戦いでしたね。

最後のシーンのアリソンの持つナイフが続編を物語っております!

そうなんです、これエピソード2でエピソード5まで制作決まってるとかなんとか。。。。

ちゃんと昔っぽいホラーを貫き通した「ハロウィン」は良作でした。

ロブ・ゾンビによるハロウィン

実は、ハロウィンはこれだけじゃないんです。

ハロウィンシリーズ自体が8作あって、それとは別にハロウィンの25周年記念にロックミュージシャンで映画監督のロブ・ゾンビによるリメイクが2007年に制作されたんですね。

個人的にはロック要素がどこか漂うオシャレなハロウィンという感じでロブ・ゾンビの方も大好きです。

ロブ・ゾンビ版ハロウィン

ロブ・ゾンビといえば、やっぱりおススメは「マーダー・ライド・ショー」です!これもホラー好きにはおススメの映画で、かなりぶっ飛んでますよ。

モチーフは完全に「悪魔のいけにえ」なので、観た人はさらに面白いのでおススメです!

マーダー・ライド・ショー

最後まで読んでいただきありがとうございました、 うろたん  (@urotan51131875) でした。

クリックお願いします!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です