「太陽の帝国」(1987)あらすじやネタバレは?スピルバーグ監督の意図を考察!

J. G. バラードが自身の体験をもとに書き上げた半自伝小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化したのが「太陽の帝国」です。

戦争は人々にとって辛く悲しいものです。

戦争が人々にあたえる影響を、スピルバーグ監督が主人公を大人ではなく子供とし、過酷な運命の中で成長していく過程を通して描きました。

 

主人公の少年ジム役は、「バットマン」シリーズや、「バイス』、「フォードvsフェラーリ」のクリスチャン・ベールで、まだ子役だった彼は4000人の応募者の中から選ばれ、この作品で映画デビューを果たしました。

他には個性派俳優ジョン・マルコビッチやミランダ・リチャードソン、日本からも伊武雅刀や片岡孝太郎などが出演しています。

動画配信サービスで「太陽の帝国」を見るならAmazonプライムビデオがおすすめ!

「太陽の帝国」(1987)あらすじやネタバレは?

第二次世界大戦中の上海.、共同租界地にある裕福なイギリス人家庭でなに不自由なく暮らしているジェイミー、通称ジム (クリスチャン・ベール)。

ジムは飛行機に夢中で、とりわけ日本の零戦に憧れていました。

1941年、日本軍は真珠湾を攻撃したあと、上海にも上陸。

人ごみの中、両親と共に上海から避難をするために通りを走るジム。

しかし、大切なおもちゃの飛行機を落としてしまい母親の手を離してしまいます。

逃げまどう人でごった返す通り。母親は人の波に押されて遠ざかっていきながら、ジムに向かって、自宅に戻っているよう叫びました。

両親と逸れてしまったジム。

市内では日本軍と彼らに抵抗する人々が衝突、日本軍に撃たれる人たちをジムは目の前で見てしまいます。

両親が自分のために自宅に戻ってきていると信じ、なんとか家までたどり着きますが、そこに両親の姿はありませんでした。

しばらくの間、残っている食糧で飢えをしのぎながら家で過ごしますが、いくら待っても両親は現れません。

上海市内に出てみると、そこには中国人の孤児たちがいて、ジムは彼らにお金になりそうなものを奪われ、追い回されている時に、アメリカ人のベイシー(ジョン・マルコビッチ)とフランクに助けられました。

ふたりはジムを売り飛ばしお金に変えようとしましたが上手くいかず、ジムを残して去ろうとします。

彼らに見捨てられたら困るジムは、自分の住んでいた高級住宅地にある、人々が非難したあとの家にはお金になるものがあると言い、ふたりをそこへ案内します。

行ってみると、ジムの家は日本軍に占領されていて、彼らに見つかったジムとベイシーは上海にある外国人捕虜たちの施設に集められた後、蘇州の捕虜収容所へと送られていきます。

その収容所は日本の空軍基地のとなりにあり、ジムは憧れていた零戦を間近で見ることができました。

1945年、厳しい捕虜収容所での生活の中で、ジムはベイシーや、イギリス人の医師ローリング、日本軍のナガタ軍曹(伊武雅刀)など収容所の人々と関わり、時に人間の醜さ汚さ、死や暴力を目にしながらも、それらから生きる術などを学んでいきます。

また金網越しに日本人の若いパイロット(片岡孝太郎)との交流も始まりました。

ある朝、突然、収容所がアメリカ軍の攻撃を受けます。

建物の屋上に上がり、頭上を飛び交う戦闘機Pー15マスタングに興奮して歓声をあげ、まわりが次々に爆撃されていく中、空に向かって叫び続けるジム。

ジムの身を案じ、屋上に駆けつけ彼を制止するローリング。

我に返ったジムは自分はもう両親の顔も思い出せないと言って泣きだします。

この爆撃の後、別の場所への非難命令が出され、疲労と飢え、病と戦いながら長い道のりを歩く、捕虜たちの死の行進が始まります。

しかしベイシーはこの大移動にまぎれて逃げ出すのに成功。

捕虜たちが、何マイルも歩いた末に辿りついたフットボール場には食べ物も水もなく、そこにあったのは日本軍が上海から運んできた沢山の戦利品でした。

そこで夜を過ごしたジムは、あくる日、眩い不思議な光が空全体に広がっていくのを目撃します。

実はそれは、ジムのいる場所から遠く離れた長崎に落とされた原爆の光でした。

この原爆の投下により、日本は降伏、終戦をむかえます。

ジムはまた蘇州の収容所に戻り、その後、アメリカ軍に保護され孤児院に収容、上海に戻った両親とついに再会を果たします。

ガッツ石松さんの演技など見所も満載。特に日本にも深いかかわりのあるストーリーなので必見です。

予告編はこちら。

©ワーナー・ブラザーズ

「太陽の帝国」のブルーレイはAmazonや楽天市場で販売しております。

「太陽の帝国」(1987)?スピルバーグ監督の意図を考察!

スピルバーグ監督は「E.T..」、「ジェラシックパーク」シリーズ、最近では「レディ・プレイヤー1」など数えきれないヒット作あり、世界中にいるファンを魅了し続けています。

そのスピルバーグ監督には、これまでにも「シンドラーのリスト」や「プライベート・ライアン」など第二次世界大戦を題材にした作品がありますが、「太陽の帝国」はそれらの映画とは違って、主人公を兵士とかではなく、ひとりの少年にしています。

裕福な家庭で少々甘やかされて育ったジムが、戦争の渦中にひとりぼっちで放り出され、厳しい捕虜収容所で生活をしていくうちに、肉体的にも精神的にも、そして人間的にも成長していく過程が描かれています。

それと同時に、戦争というものは、いかに人々と彼らの生活を変えてしまうのか、どんな暗い影を落とすものなのかが表現されています。

また随所に、なかなか戦争映画には見られないような幻想的で美しいシーンもあったり、戦争に翻弄された国や立場の違う人々の、それぞれの人生も垣間見ることができたりと、「太陽の帝国」はなかなか奥の深い作品です。

うろたん
うろたん

さすがはスピルバーグですね!

1980年代映画はこちらの記事でも紹介しているので併せてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

urotan
3歳の父親であり、音楽活動をする傍ら映画や本、サウナにどっぷりハマっております!ミュージシャンとしてはベーシストであり作曲、プロデューサー業をしており、バンド活動も久々に開始いたしました。映画や本、サウナが好きな方に少しでもためになる情報をお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。