ゴールデンボーイ いかれたナチス元高官とあぶない学生

f:id:urotan2:20200110211140j:plain
                   ゴールデンボーイ

さてさて、またもスティーブン・キング原作作品の映画です。

これはちょっと古くて1998年の映画で主人公は今は亡きブラッド・レンフロ

X-MENなんかでも有名なイアン・マッケランです。監督もX−MENで有名な

ブライアン・シンガーというけっこう強力なシフト。

内容自体はナチスオタクの高校生の近所に元ナチスの高官がアメリカ人と偽って

住んでいるところへ、主人公が話を聞かせてくれと訪問し始めるという、

この設定が一番のキモで、映画としてけっこう静かな映画なんですよ、

内面の恐怖というか、主人公の好奇心とナチス高官が昔の話をする事で

どんどんと昔の自分を思い出していく様子が醍醐味ですね。

とはいえ、最後も映画版ではそれほど驚く結末では無くて、

まあ、そうなるだろうというありふれた感じで終わってしまうんですよね。

20年前くらいに一度VHSで借りてみたハズなんですが、何も覚えてなかった(笑)

★★

クリックお願いします!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です